BEAUTY

ビューティーにまつわるあらゆるプロ情報を掲載。

公開日:2019.03.15
更新日:2019.08.30

乾燥肌に敏感肌…肌タイプ&お悩み別スキンケアアイテムをプロに聞いてみた

乾燥による肌荒れや過剰な油分によるテカリなど、肌のトラブルは肌質や季節によってさまざま。いつでもきれいな肌をキープするためには、自分の肌に合ったお手入れをすることがカギとなります。

メイクのノリなどにも大きく関係するスキンケアですが、「自分の肌質に合ったスキンケアアイテムが見つからない」「化粧水や乳液をどうやって選んだら良いかわからない」という方が多いのではないでしょうか。

今回はヘアメイクのプロである江森喜子さんに、肌タイプとそれぞれの特徴、おすすめのアイテムを教えていただきました。

【乾燥肌・敏感肌・オイリー肌・混合肌】あなたの肌はどのタイプ?

shutterstock_1008860944
肌のお悩みは水分や油分などの状態によって、大きく4種類に分けられます。

【乾燥肌】肌の水分と皮脂の量が少なく刺激を受けやすい

肌の水分と皮脂の量が少なく、乾燥している状態です。紫外線やエアコンなど、環境などによって刺激を受けやすいのも特徴です。乾燥肌の人は、花粉によって肌が赤くなったりかゆくなったりすることも。

また、自分の肌に合わないクレンジングや洗顔のしすぎによって、肌の表面にある天然のバリア機能が失われ、粉をふいてしまうといった肌トラブルも目立ちます。

【敏感肌】外からの刺激に弱く肌トラブルが起きやすい

健康な肌に比べて外からの刺激を受けやすい状態です。例えば乾燥によるダメージによって肌のバリア機能が低下すると、化粧水がしみたり、かゆみやほてりが起こったりします。肌のトラブルによっては、いつも使っていた化粧品が急に合わなくなってしまうことも。

敏感肌はアレルギーやもともと肌が弱いなどの体質が関係することもあるので、スキンケア剤を選ぶ時は注意が必要です。

【オイリー肌】皮脂の量が多く肌のテカリなどが気になる

皮脂の分泌量が多い肌のことです。毛穴の開きが気になったり、肌のべたつき、テカり、ニキビなどのトラブルが起こりやすかったりします。洗顔した後、すぐに肌がべたついてしまうことも。

間違ったケアをすると、油分が多くても肌の奥が乾燥しているインナードライという状態になってしまうケースがあります。

インナードライについて詳しく知りたい方は、こちらもチェックしてみてください。
春も続くインナードライ。対策とスキンケアの手順を皮膚科医に聞いてみた

【混合肌】顔のパーツによって肌の状態に違いがある

Tゾーンは油分が多くテカりやすいのに、口回りやフェイスラインは乾燥するなど、部位によって肌の状態に違いがあります。生活習慣の乱れなどによって、肌の水分と皮脂のバランスが崩れていることが原因です。日本人女性に特に多い肌質と言われています。

顔のパーツによって皮脂の量に差があるため、スキンケア剤をいくつか使い分けてもよいでしょう。

【肌のお悩み別】正しいスキンケアのコツ&おすすめアイテムって?

shutterstock_1051577057

【乾燥肌】セラミド配合のスキンケア剤でしっかり保湿する

肌のバリア機能を働かせるために必須の成分である「セラミド」が少ないと、肌は細胞同士を繋ぎ止められなくなってしまいます。肌が水分を十分に留められず、スカスカになっている状態が乾燥肌です。乾燥肌の方はセラミド配合のスキンケア剤がおすすめです。

クレンジングは低刺激のものを使用し、洗顔後はセラミド配合のとろみのある化粧水やオイル、クリームなどでしっかりと保湿することが大切です。

クレンジングのやり方や、クレンジング剤の種類について詳しく知りたい方は、こちらもチェックしてみてください。
クレンジングにオイルは危険!?プロに聞く、おすすめの種類と正しいやり方

<乾燥肌の方におすすめのスキンケアアイテム>
■エトヴォス モイスチャライジングセラム

エトヴォスさん(@etvos.jp)がシェアした投稿

江森さんのコメント
すこやかな肌に欠かせないセラミドが配合されており、低刺激処方の美容液です。1本で美容液と乳液の役割をしてくれ、保湿効果があるので、肌の潤いが持続します。

■PAUL&JOE オイル

PAUL & JOE BEAUTEさん(@paulandjoe_beaute)がシェアした投稿

江森さんのコメント
天然のオリーブオイルからできており、肌に良い栄養がたっぷり含まれているオイルです。「類似セラミド」というセラミドと同じような効果が期待できる成分が入っており、肌なじみがよく、ふっくらとした潤いを保つことができます。。

【敏感肌】洗顔のしすぎに注意&低刺激のスキンケア剤を選ぶ

敏感肌の方は肌に極力刺激を与えないのがポイントです。クレンジングは低刺激なものを選び、過剰なお手入れは避けましょう。また、肌のバリア機能を低下させる原因となるので、洗顔のしすぎに気をつけてください。

スキンケア剤は乾燥肌の場合と同じようにセラミド配合のものを選び、アルコールなど刺激が強い成分が含まれるものは避けましょう。

<敏感肌の方におすすめのスキンケアアイテム>
■ラロッシュポゼ UVイデアXLプロテクショントーンアップSPF50+PA++++

江森さんのコメント
低刺激処方で保湿力の高い化粧下地・日やけ止め乳液です。PM2.5や紫外線など外的刺激から守ってくれるうえ、肌のバリア機能をサポートする成分が含まれているのもポイント。

■F organics モイスチャーローション

江森さんのコメント
肌に潤いを与える、しっとりタイプの化粧水です。ヒアルロン酸の5倍以上もの保湿力のある成分が含まれています。独自の精油ブレンドが肌を整え、豊かな香りによってリラックス効果も期待できます。

【オイリー肌】ていねいな洗顔と保湿によって皮脂を抑える

オイリー肌の方は、余分な皮脂を適度に落とすことが大切です。力を入れず優しく泡で洗うようなイメージでていねいに洗顔をしましょう。

また洗顔後にしっかりと保湿をすることで、皮脂の過剰分泌を抑えることができます。シャバシャバとしたさっぱり感の強いタイプの化粧水、ジェルタイプのクリームなどを使って保湿をしましょう。

<オイリー肌の方におすすめのスキンケアアイテム>
■キールズハーバルトナー

江森さんのコメント
つけ心地がさっぱりとしたタイプの化粧水。保湿性が高いのにベタつかないのが嬉しいポイント。アルコールフリーなので、肌への刺激も少ないです。

■キールズ ブラー

江森さんのコメント
皮脂をコントロールしてくれるうえ、毛穴を目立たなくする効果が期待できるスキンケア下地です。夜のスキンケアとしても使用可能なのでおすすめです。

【混合肌】保湿と部分的な皮脂のケアで肌全体を整える

混合肌の方は肌の水分不足が原因で、皮脂が多く出ているケースがあります。乾燥肌の場合と同じように、とろみのある化粧水やオイル、クリームなどを使ってしっかりと保湿をしましょう。

メイク前には、テカりやすい部分のみ、皮脂の量をコントロールしてくれる収れん化粧水を使うのがおすすめです。毛穴が引き締まり、化粧の持ちがよくなるでしょう。

<混合肌の方におすすめのスキンケアアイテム>
■HANAオーガニックシリーズ

江森さんのコメント
100%天然のオーガニックコスメを扱う日本のスキンケアブランドです。オーガニック処方で肌に優しく、肌の再生力を高めることができるのも嬉しいポイント。様々なお肌の状態に対応できるものが揃っています。

■DHCハトムギシリーズ

acoさん(@aconeko)がシェアした投稿

江森さんのコメント
植物性のエキスが肌のコンディションを整えてくれます。肌荒れや乾燥など様々な悩みに対応しており、アルコールフリーなので肌への刺激も少ないです。

肌の状態をこまめに把握して、悩みに合ったスキンケアを

肌の状態は季節や生活習慣によって敏感に変化します。今の自分の肌がどのような状態なのか、こまめに知っておくことが大切です。

今回ご紹介した肌タイプとアイテムの選び方を参考にして、自分の肌に合ったお手入れを見つけてみてはいかがでしょうか。

普段のスキンケアを改善していくことで、ツヤのあるきれいな肌を手に入れましょう♡

◎今回ご協力いただいたヘアメイクさん

emorisanpro

江森喜子(えもりきこ)
東京都新宿区在住。6年ほどのヘアメイクサロン勤務を経て現在フリーランスで活躍。現在の活躍フィールドはブライダル、映像、Webカタログなど。

▼江森喜子さんにご協力いただいた過去記事はこちら
OL必見♡オフィスで浮かない「カラーメイク」の方法をプロに聞いてみた
化粧直しのやり方、徹底解説。超コンパクトなメイク道具で全てを済ませる方法
ボルドーのリップはどんなメイクに合う?プロに聞く、カラーリップの合わせ方
アイシャドウの色によって印象はどう変わる?仕上がりの違いをプロに聞いてみた

700x250_TCD5100

700x250_TMV2000

tescome_line691x242
テスコム女性キレイ研究所を
フォローして最新情報をチェック!

"Related Keywords"

関連キーワード
  • 女性キレイ研究所_LINE