BEAUTY

ビューティーにまつわるあらゆるプロ情報を掲載。

2016.08.30

綺麗な女性は心も綺麗?キメ肌を作るメンタルの持ち方とは?

多くの女性にとって、できれば手に入れたいキメのある肌
しかし、美容によいとされるケア用品を使ってみたりサプリメントを飲んだりしてみたものの、あまり効果が現れずに困っているという方も多いのではないでしょうか。

そんな時、見つめなおして欲しいのがストレスです。健康な身体や心の大敵とも言えるストレスは、肌にも悪影響を及ぼします。
今回は、メンタルチェンジトレーナーとして活躍する平井妙子さんに、ストレスが肌にどれほど負担をかけているのか、そしてそれを解消するためにはどうしたらいいのかをお聞きしました。

ストレスが肌の老化に…?シワやたるみにも…?

shutterstock_367850078

まずは、日々の生活で生まれるストレスが肌にどれほど負担をかけているのかを知っておきましょう。
ストレスが肌に及ぼす悪影響はたくさんありますが、参考までにその一部をご紹介します。

美に対するモチベーションの低下

ストレスが溜まると、多くの人はイライラします。イライラすることで、あらゆることへのやる気、モチベーションが下がり、何に関しても”面倒くさい“という感情が生まれてしまうように…。

その結果、「お風呂に入るのが面倒くさい」、「メイクをするのが面倒くさい」、「美容に時間をかけるのが面倒くさい」といったように、美に対するモチベーションも下がってしまいます。
これでは、綺麗になることは難しいでしょう。

表情筋が固まることで、シワやたるみの原因に

過度なストレス環境にいると、どうしても笑顔が減ってしまいがち。
いつも同じ顔をしていると、表情筋が衰えます。それにより、顔がたるみやすくなるのだとか。

また、眉間にシワをよせた状態が続くと、それがそのままシワになってしまいます。
表情豊かな毎日を送ることは、表情筋を鍛えることにも繋がり、老化の防止に繋がるのです。

食生活の乱れ、ビタミンCの不足から起こる肌荒れ

shutterstock_362885486

ストレスを抱えている人の多くが多忙な毎日のせいで食生活が乱れています。
食生活が乱れると便秘になりがち。便秘になると肌が荒れるのはもちろん、スタイルも悪くなります。

また、偏った食事でビタミンCが不足するとコラーゲンも不足し、肌の潤いがなくなるのだとか。加えて、ビタミンCの効能に抗酸化作用というものも。これは、紫外線などで肌が日常的に受けている活性酵素を抑制する働きをしてくれます。

活性酵素は大量に発生しすぎると肌を酸化(サビ)させ、老化を早めてしまうため、ビタミンCをしっかりととり、抗酸化作用で活性酵素の過度な働きを止める必要があるのです。

とはいえ、水に溶けやすいビタミンC。サプリメントや、果物のみを摂取してもほとんどが体内に吸収されず尿として排出されてしまうので、ビタミンCを身体にしっかりと吸収させるには、同時にそれ以外の栄養素もバランス良く取り入れる必要があります。

さらに、ビタミンCにはストレスから体を守るホルモンを合成する働きもあるため、ストレスが多いと体内のビタミンCの消費も活発に。ストレスが溜まっている時こそ、バランスの良い食事を心がけないと体内のストレスは消化されず、肌の老化が進み、さらにストレスが溜まるという負の連鎖に陥ってしまうのです。

イライラの緊張状態が血行不良を起こし、新陳代謝を悪くする!

ストレスによるイライラが溜まると、ささいな出来事にも過敏に反応したり、不快感を持つようになりませんか?
これは、イライラしている人が緊張状態になっているからです。

この緊張状態が続くと、血行不良に。血行不良は頭痛の原因になり、身体の不調に繋がるとともに新陳代謝も悪くします。肌の新陳代謝が悪くなると、新しい肌を生み出し古い肌(角質)を落とす肌のターンオーバーも乱れ、老化に繋がるのだとか。

また、血行不良は血の巡りが悪くなっている状態であるため、顔色も悪くなりくすんだ肌に見えてしまいます。

ストレスを解消するとともに、その原因を減らすには?

では、肌にとって百害あって一理なしのストレスを解消するにはどうしたらいいのでしょうか。

プライベートの時間は好きなことしかしない

shutterstock_95277040

体内にはストレスによって起こるイライラを解消してくれるセロトニンという物質があります。
しかしセロトニンは非常に繊細であるため、ストレスが多いとすぐに不足状態に。
セロトニンは主に幸せを感じたときに分泌されると言われているので、そういった行動を起こすことでセロトニンをたくさん分泌させましょう。

仕事や育児、多忙な毎日を送る方が多いかと思いますが、プライベートの時間には好きなことしかしないことを心がけてください。
まれに、ストレス解消には運動が良い、外に出た方が良い、人に会った方が良いという話を聞きますが、これはそういったことが好きな人向けです。

運動が嫌いな人が無理に運動をしてもかえってストレスが溜まるだけ。家の中でゆっくり過ごすのが好きな人はそれでもいいのです。
とにかく、自分がやりたいことをやり、気がすすまないことはやらないというのがセロトニンを生み出す近道だと言えるでしょう。

セロトニンは女性ホルモンの分泌を活性化させるとも言われているので、体内のセロトニンが増えれば美容効果も期待できます。

他人と比べない、他人に求めない

生きていると、様々な問題点に遭遇し、そこから悩みが生まれます。
これが自分で解決できるような問題であれば、どうやったら解決できるかを考え、すぐに行動にうつしましょう。

しかし、やっかいなのは他人が関係している悩みです。「どうしてあの人はこうしてくれないんだろう…。」「どうしてあの人に比べて自分はこうなんだろう…。」と考えていても、他人の言動を変えることはできないため、解決することはできません。

解決できないことをずっと悩んでいてもドツボにはまりストレスが溜まるだけ。そんなときはもう考えないのが一番です。他人は他人、自分は自分とし、他人と比べない、他人に求めない、これを徹底すると大半の悩みがなくなります。
全く他人に求めないという境地に達するのはなかなか大変ですが、自分をしっかりともつ努力をすればだんだんできるようになるハズです。

夕飯、夜食、飲酒は寝る数時間前までに

shutterstock_402428302

お酒や食事が趣味という方もいるでしょう。ストレス解消のために仕事後に飲みにいくという方も多いのではないでしょうか。

しかし、それらを寝る直前に摂取してしまうと、就寝中に臓器がそれらを消化しなければなりません。意識は眠っていても体内が活発に動いていると、眠りが浅く不眠状態に。
深酒の後は眠りが浅かったりしませんか?これも、眠っている間に臓器がアルコールを分解するためです。
眠りが浅いと身体が充分に休めないため、次の日体調不良に陥ったり、仕事中にミスをしやすくなったりし、新たなストレスへと繋がるのです。

食事も同様です。どうしても残業で遅くにならないと家に帰れないという方は、できるだけ仕事の合間に簡単な食事をとるようにしましょう。寝る前に口にしていいのは、お湯、またはホットミルクだそうです。

ストレス解消のための飲み会がかえってストレスの原因とならないよう、就寝時間に注意して美味しいお酒や食事を楽しみましょう。

ストレスをなくすだけで、キメ肌は手に入る!…かも?

日常生活において、切り離すことはできないストレス
しかし放置しておくと体調不良や肌のトラブルを招きます。

今回お伝えした内容を参考に、できるだけストレスの原因をさけ、また、ストレス解消のために趣味好きなことに没頭し、明るく楽しく、お肌にもよい毎日を過ごしてみてはいかがでしょうか。
ストレスがなくなるだけで、綺麗で潤った、くすみのないキメ肌を手に入れることができるかもしれません。

◎今回ご協力いただいたメンタルチェンジトレーナーさん

スクリーンショット(2016-07-21 11.55.46)

平井妙子(ヒライタエコ)
メンタルチェンジトレーナー
/ウィングシード株式会社 代表取締役
NLPトレーナー、カウンセラー、コーチングコーチとして、これらのスキルを統合し、メンタルサポートを行っている。看護師として、心と身体の健康もサポートしている。

テスコム女性キレイ研究所を
フォローして最新情報をチェック!

"Related Keywords"

関連キーワード
  • ともに磨き、ともに輝く
  • Salon de TESCOM