BEAUTY

ビューティーにまつわるあらゆるプロ情報を掲載。

2017.09.26

ホワイトニングを自宅で行うには?歯科医に聞く、セルフケア方法

男性にモテる顔と女性がかわいいと思う顔は違う?の記事でもお伝えしたように、女性にとって、“印象を良くするための武器”とも言える笑顔

そしてそんな笑顔をより美しく見せるため、欠かせないのが白い歯です。
せっかく肌が綺麗でも、メイクやヘアアレンジが完璧でも、笑った時に見える歯が汚くては台無し

しかし、歯医者さんのホワイトニングに定期的に通うことは、予算や時間の関係で難しいという方も多いことでしょう。

そこで今回は、日本で初めての歯のホワイトニング専門サロン『ティースアート』を銀座にオープンさせたという、ホワイトニングの先駆者、Dr.TSUBAKI自宅でできるホワイトニングの方法をお聞きしました。

日々口にするものや生活習慣が、歯を汚している!?白い歯が汚れる原因と、その予防法

そもそも、歯が汚くなってしまう原因とはなんなのでしょうか。
まずはDr.TSUBAKIに、歯が汚れてしまう原因と、その予防策をお聞きしました。

色の濃い飲食物を口にすることで、歯が着色されていた!

shutterstock_245258500

日々の生活で知らず知らずのうちに行ってしまっているのが、飲食物による着色。実は、歯の着色の一番の原因が、色の濃い飲食物を口にすることです。

コーヒー、紅茶、赤ワインなど色の濃い飲み物は、歯に着色することがあります。
また、醤油やソースなどの調味料も着色の原因のひとつ。さらに、カレーやキムチ、たくあん、チョコレートなどの色の濃い食べ物も、着色の原因となります。
加えて、かき氷のブルーハワイ味など、口に入れた時に舌に色が着くような合成着色料を用いた食品も、着色の原因に。

普段何気なく口にしている飲食物の色素が蓄積し、白い歯を汚しているのです。

これらの色の濃い飲食物を口にした後は、なるべく早く歯を磨くか、口をゆすぐようにしてください。何もせずに就寝してしまうのが最もよくありません。就寝中は唾液が少なくなり、口の中が乾燥するため、着色物が歯に沈着しやすくなります

食事のあとは、すぐに歯を磨くか、それが難しい場合は口をゆすぐ習慣を身につけましょう。

酸性の飲食物を多量に摂取することにより、エナメル質が溶けて黄ばんだ歯に!

shutterstock_252742732

色の濃いものでなくても、飲食物を口にすることで歯が黄色く見えてしまうことがあります。

それは、酸性の飲食物を摂りすぎること。(※酸性の食べ物には、柑橘系の食べ物、飲み物、お酢、梅干し、白ワイン、炭酸飲料、スポーツドリンクなど幅広いものがあります。)

酸性の飲食物を摂りすぎると、歯のエナメル質を溶かしてしまう原因に。歯のエナメル質は白いのですが、その内側にある象牙質は黄色いため、エナメル質が溶けて薄くなると、象牙質が透けて歯が黄色く見えてしまいます。

また、粗い研磨剤入りの歯磨き粉で毎日歯を磨いている方は、エナメル質が削れてしまうことがあり、歯が黄ばんで見えてしまうことも。

酸性の飲食物を過剰に摂取することを避け、歯磨き粉にも気を使いましょう。

また、酸性の飲食物を口にした直後に色の濃い飲食物を口にすると、着色がより強くなってしまうので、食べ合わせや飲み合わせにも要注意。
酸性の食べ物を口にした後は、少し時間を空けて色の濃い食べ物を食べるか、牛乳など中性~アルカリ性の飲み物を飲んだ後に食べると良いでしょう。

薬品やタバコ、口紅も色素沈着の原因に!

飲食物の他に考えられるのが、薬品タバコ口紅による着色。

うがい薬や、色の濃い液体漢方薬を使用していたり、タバコを吸う人、口紅を塗る人は、それらの色素が歯に付いて沈着してしまうことがあるので気をつけましょう。

うがい薬はうがいの後に水ですすぐ、液体漢方薬はカプセルに入れて飲む、口紅は歯に付かないように気を付けるなどの努力をすると、多少は緩和できます。タバコによる着色は喫煙をする以上防ぎようがありませんが、電子タバコはやや着色がしにくいようです。

加齢や歯の乾燥が、歯を黄ばませていた!?

さらに、加齢による歯の黄ばみも。
年齢を重ねると、エナメル質が薄くなり、その内側の象牙質がより黄色くなってきます。

酸性の飲食物を避ける、粗い研磨剤入りの歯磨き粉で歯を磨きすぎないなどでエナメル質が薄くなることを多少は防げますが、加齢による内部からの変色は防ぎようがありません。

また、歯は乾燥すると黄色くなってくることがあります。
口呼吸の方や唇がしっかりと閉じられない歯並びの方は、常に歯が乾燥している状態に。これを長年続けていると、歯が黄ばんでしまう原因になります。

なるべく鼻呼吸を意識し、口が乾いてきたら水分補給をするように心がけましょう。


これらの色素沈着、歯の黄ばみを予防するために、毎日歯を磨くことはもちろん必須。さらに、できれば1日に1回デンタルフロスをすることがおすすめです。

デンタルフロスは歯と歯の間の汚れを落とし、着色も防ぎます。ちなみに歯間ブラシでは歯と歯の間の汚れは落とせないので、デンタルフロスを使いましょう。

自宅でホワイトニングをするにはどうすれば良い?医師がおすすめする、3つの方法

歯が汚れてしまう原因と、その予防法が分かったところで、気になるのが自宅でできるホワイトニングの方法
Dr.TSUBAKIがおすすめする、3つの方法をお聞きしました。

さらに、絶対にやってはいけない民間療法もお聞きしたので、ぜひ参考にしてください。

1.歯医者さんで自分専用のマウスピースを作り、ホームホワイトニングを行う

shutterstock_689399086

1つ目は、歯科医院で処方されるホームホワイトニングを行う方法

多くの歯科医院ではホームホワイトニングを扱っており、歯の型を取って自分に合ったマウスピースを作成することができます。そのマウスピースを持ち帰り、その中にホワイトニングジェルを入れれば自宅でホワイトニングを行うことができます。

最もオーソドックスで確実、安全な方法だと言えるでしょう。

2.市販の製品を使って、歯の表面の着色を取り除く

2つ目は、市販の製品を使ってホワイトニングを行う方法。

しかし、日本国内ではホワイトニング剤配合の製品を市販することが禁止されているため、市販で手に入る製品は歯の表面の着色を取り除いて白くするタイプになります。

歯の表面の着色はクリーナー(歯科医院で使うような電動式のカップが付いたもの)、ステイン(色素)除去用のイレーザー(特殊シリコンやゴムでできた歯の消しゴム)などを用いて白くすることが可能です。

また、化学的に色素を分解・除去する成分であるポリリン酸ピロリン酸などが入っている歯磨き粉は、歯を削る研磨剤が入っていないのでおすすめです。

3.海外のホワイトニング製品を購入する

shutterstock_700019152

海外では日本で禁止されているホワイトニング剤が配合された製品を購入することができます。

これを使用すると、ホームホワイトニングのように歯自体を白くすることが可能。ただし、このような製品は十分に安全とは言えないため、日本では歯科医師の指導の下に使用することになっています。

すでに海外の製品で、知覚過敏はもちろんのこと、歯ぐきが下がったり喉に炎症が起きるなどの障害の報告もあります。使用する際は十分に注意し、副作用を理解した上で、自己責任で使用してください。

その他・絶対にやってはいけない民間療法

近年、SNSなどの普及でネット上に歯を白くする裏技などが数多く掲載されるようになりました。しかし、このような裏技は適切に行わないと、エナメル質を失ってしまう可能性があり、大変危険です。

特にレモン果汁やお酢などの酸性の液体で歯を磨く方法が紹介されていることがありますが、絶対に行ってはいけません。歯の表面が酸によって溶かされ凸凹になるため、光の乱反射が起こり一時的には白く見えます。この作用を脱灰と言いますが、すぐに元に戻るだけでなく、エナメル質を溶かして薄くしてしまうのでとても危険です。

メラミンスポンジ重曹などを使用した方法も、エナメル質が削れてしまうことがあるので、安易に行わないことをおすすめします。

歯が汚れる原因を予防し、正しいホワイトニングを行うことで最高の笑顔を手に入れよう♡

日々の食事や習慣で、知らず知らずのうちに汚れてしまっている

毎食後に歯磨きをすることを心がけるのはもちろん、歯磨き粉の成分に気を遣ったり、デンタルフロスを使用したりすることで、汚れや色素が沈着することを防ぎましょう。

さらに、歯科医院で専用のマウスピースを作成しホームホワイトニングを行うなど、正しい方法で正しいホワイトニングを行い、白い歯を手に入れてください。笑った時に輝く白い歯が見えれば、笑顔の綺麗さもアップするはず。

肌やメイクだけでなく歯にも気を遣い、最高の笑顔を手に入れましょう♡



◎今回ご協力いただいた歯科医の方

1324360838

Dr.TSUBAKI
1963年8月27日東京生まれ。1988年日本歯科大学歯学部卒業。1995年銀座にティースアート開業。
1995年に日本で初めての歯のホワイトニングサロン“ティースアート”を銀座にオープンさせて以来、新聞、雑誌、TVや講演活動などを通して国内のホワイトニングを牽引。現在は、日本歯科審美学会認定のホワイトニングコーディネーター委員を務め、全国1万人以上のコーディネーターの講義も担当。常に新しい技術を習得することを心がけており、毎年本場アメリカの審美学会に出席し、日本におけるホワイトニングの普及と、日本人の歯を白くすることに貢献しています。

日本歯科審美学会常任理事認定医。ホワイトニングコーディネーター前委員長。アメリカ審美歯科協会(ASDA)認定医、フェロー。日本アンチエイジング歯科学会常任理事認定医。国際審美歯科学会(IFED)、アメリカ美容歯科学会(AACD)、アジア審美歯科学会日本歯科人間ドック学会会員。

テスコム女性キレイ研究所を
フォローして最新情報をチェック!

"Related Keywords"

関連キーワード
  • ともに磨き、ともに輝く
  • Salon de TESCOM