BEAUTY

ビューティーにまつわるあらゆるプロ情報を掲載。

2018.02.02

【冷え性女性の味方】今日からできる「温活」の方法を“温活女子会”に聞いてみた

女性の天敵である「冷え性」。手先が冷たくなるだけでなく、便秘や生理痛、肩こりなど、さまざまな悩みを引き起こす原因のひとつです。

そんな冷え性を改善するための方法として、日頃から体を温めることで基礎体温を上げ、冷えから生じる女性特有の悩みを解決する「温活(おんかつ)」が注目を浴びているとか。

そこで今回は、温活ブームの火付け役となった「温活女子会」のメンバー、森増ふみさんと合原七瀬さんにインタビューを実施。寒い冬もポカポカと暖かい体で乗り越えるための秘訣をお伺いしました。

温活女子会…「仕事も頑張りたいけど、体と心のケアも大事にしたい」と考える女性社員たちが集まって発足。メンバー同士の情報共有や、話題の温活の実践、商品プロデュースなどを行っている。
温活女子会ホームページ:あたため研究所 温活36.5℃

まずは体を冷やさないことが大事!心得ておくべき「温活」の基本

DSC_3008_2

森増:温活は、つい「体を温かくすればいい」と考えてしまうかもしれませんが、まずは“温めること”よりも“冷やさないこと”を意識しましょう。

例えば「冷たい飲み物は避ける」「外出するときは必ず三首(首・手首・足首)を温める」など、日々の暮らしのなかで意識することが温活への第一歩です。

すぐ体の変化に気付けるわけではありませんが、毎日コツコツ続けていけば少しずつ体温が上がっていきますよ。温活はやりすぎない、無理しないことが大切です。

継続のために、まずは自分が続けやすい温活の方法から始めてみましょう。

1. オフィスやお家でできる、お手軽温活!「めぐりマッサージ」

shutterstock_173839001
森増:まずは温活の基本として、オフィスで気軽にできる「めぐりマッサージ」からご紹介します。

デスクワークをする方のなかには「毎日、長時間同じ姿勢でお仕事をしている」という人も多いはず。そんなときは、「太ももの付け根」をマッサージしましょう。ここには全身の血のめぐりが良くなると言われているツボ「衝門(しょうもん)」があるため、押したりマッサージしたりするだけでも効果があります。

トイレなどで立ち上がった際には、足を前後に出してふくらはぎを伸ばすのもおすすめ。足は重力の関係で血液が溜まりがちな上に、心臓からもっとも離れているため、上半身と比べて体温が低いとか。第2の心臓とも言われるふくらはぎを伸ばすことで、冷えてしまった足先も温かくなりますよ。

合原:オフィスでできる温活として、温活女子会がプロデュースした目元を温める「ほっと見えマスク」はかなりおすすめです。

従来のアイマスクとは異なり、メガネのように穴が空いているんですよ。仕事中に装着しても問題なく作業ができるので、温活女子会メンバーはオフィスでも家でも常備しています(笑)。

2. 寝る前のひとときで体を温める!「寝たまんまヨガ」

shutterstock_734087005
合原:私が愛用しているアプリに「寝たまんまヨガ」というものがあるのですが、ご存知ですか? 手先が冷えて寝つきが悪い末端冷え性の方や、忙しくてなかなか疲れが取れない方にぜひおすすめしたいアプリなんです。

ストレスを感じると血管が収縮して、体が冷えると言われているため、リラックスできる「寝たまんまヨガ」は特におすすめ。縮こまっていた体を伸ばすことで、ポカポカしてきます。

1セット20分くらいなのですが、あまりにもリラックスできるので最後まで終わらないこともしばしば(笑)。5分くらいで寝落ちしてしまいます。寝起きも良くなりますよ。

3. 休日におすすめの温活法!アロマオイルでリラックス温活♡

shutterstock_521763739
森増:私は家に着いたらすぐにリラックスできるよう、良い香りのアロマを焚くことが大好きなのですが、実はアロマテラピーも温活に効果的なんです。中でもグレープフルーツやシナモン、ローズマリーなどの香りには、体を温める効果があるんだとか。

お部屋でアロマを焚いても良いのですが、私がおすすめする温活方法は「アロマを入れた湯船に浸かること」。芯から温まりますよ。

疲れきった体も、良い香りに包まれた途端に癒されますよ。ぜひ休日に試してみてください。

4. とにかく寒い日はカイロ7点貼り!足裏と下腹部に貼ると、温活効果あり◎

pixta_35923391_M
森増:冷えが気になってきたら、首や腰、肩、足などを温めることは効果的だと言われています。私はとにかく体を冷やさないために、外に出る時間が長い日は7個のカイロを使っています(笑)。

貼っている箇所は
・両足の裏
・両脇
・下腹部
です。両脇には太い血管が通っているため、血流を良くすることで上半身がポカポカと温まってきます。また、下腹部にカイロを貼ると内臓の働きが促進されると言われているので、体温が上がり代謝が良くなるというメリットがあるんだとか。

この5箇所に加えて、
・簡易版よもぎ蒸し「よもぎ温座パット」というカイロを使用
・手に持つタイプのもの使用
・冷えによる不調を感じやすく効果的な腰に使用
など、自分が気になるところに追加して計7個のカイロを使えば、全身ポカポカ! どんな寒い場所に行っても冷えを感じることなく薄着で外出できちゃいます。

5. おすすめは発酵食品!温活食品で、おいしく体を温める♪

SONY DSC
合原:体を温める適度な運動やマッサージなどはもちろん有効ですが、体を温める食材を取り入れるのもおすすめ。

私がよく食べている温活食品は甘酒です。便秘対策にも◎。あとは発酵食品である味噌や納豆、チーズなども体を温めるそうです。

ただ、大量に食べるほど体に良いというわけでもありません。意気込んで「毎日食べよう!」と決めてしまうと、食べられなかったときにストレスを感じてしまう場合もあるので、気軽にやることが大切です。無理のない範囲で、毎日コツコツと続けましょう。

DSC_3013_2

今日から温活で健康美人♡続けるコツは“温める”よりも“冷やさない”こと

食事や簡単なマッサージ、お家でできる温活など、さまざまな方法を伝授してくれた温活女子会さん。「温活」と聞くと、何か特別なアイテムや活動が必要になるかと思いきや、どれも今日から気軽に取り入れられるものばかりでしたね。

温活は便秘や生理痛、肩こりなどから解放してくれるだけでなく、そのリラックス効果によって疲れた心も癒してくれます。仕事にプライベートに忙しい女性の方々は、毎日の暮らしに温活を取り入れることで、すてきな健康美人を目指しましょう!

◎今回ご協力いただいた温活女子会さん

S__50913283

温活女子会(おんかつじょしかい)
“カラダとココロを温めて健康美人に!”をテーマに20代〜40代女子たちが、『温活をもっと広げたい!』という思いから、温活女子会を発足。日々取り入れられる温活方法や温活にまつわる情報を発信しています。

LINE@集客バナー
テスコム女性キレイ研究所を
フォローして最新情報をチェック!

"Related Keywords"

関連キーワード
  • LINE_バナー