BEAUTY

ビューティーにまつわるあらゆるプロ情報を掲載。

2018.05.18

春も続くインナードライ。対策とスキンケアの手順を皮膚科医に聞いてみた

最近、肌がベタベタするのにカサついている。毛穴の詰まりやニキビが気になる。最近の肌の状態に当てはまってはいませんか? もしかしたらその肌トラブル、インナードライが原因かも……。

乾燥に対して、ついつい油断してしまう春夏こそインナードライになりやすい季節。正しいスキンケアを知って、肌トラブルとおさらばしましょう♪

今回は、脇の黒ずみ、セルフケアする方法は?皮膚科の先生に聞く、原因と対策の記事でご協力いただいた品川スキンクリニックの武内大先生にインナードライの原因と正しいスキンケア方法を伺いました。

インナードライの原因は、乾燥と間違ったスキンケア

shutterstock_650908303
インナードライは、肌が乾燥し、水分蒸発を防ぐために皮脂が過剰に分泌されることで起こります。
インナードライの原因は、主に次の4つがあります。

1. 冷暖房による肌の乾燥
2. 自分の肌に合っていないスキンケア
3. 紫外線
4. 偏った食事や睡眠不足など生活リズムの乱れ

肌がべたつくからといって、脂性肌と判断してしまうのは危険です!インナードライの人が脂性肌向けのスキンケアをすると、乾燥と皮脂の過剰分泌が進み、さらに肌の状態が悪化することがあります。

インナードライの肌を改善するためには、十分に水分を補って保湿をしてあげることが重要です。では、肌に潤いを与えるための正しいスキンケアの方法とは、いったいどういったものなのでしょうか?

【クレンジング】肌を擦るのは絶対NG!肌への刺激は最小限に

shutterstock_468675989
お風呂でメイクを落とす場合は、肌の乾燥を防ぐためにお風呂から上がる直前に行いましょう。
お風呂から上がる直前にメイク落とし、洗顔をするとすぐに化粧水や乳液で保湿をすることができるため、乾燥を防ぐことができます。また、湯船につかって体を温めることで毛穴が開き、クレンジングの際に汚れが落ちやすいというメリットもあります。

1. 肌への摩擦を軽減するためにクレンジング剤を多めに取ります。
 インナードライの人は、肌への刺激が弱いクレンジングミルクがおすすめです。
2. 手全体で優しく、そして手早くメイクを落とします。
 ゴシゴシこするのは、肌にダメージを与え、シミの原因にもなるので気をつけましょう。

メイク落としで心がけるのは肌への物理的な刺激を減らすこと。クレンジングで落としきれなかったメイク汚れは洗顔で完全に落ちれば大丈夫です!ふき取りシートは、肌への刺激が大きいのでなるべく使用は控えてください。

また、長時間メイクをした次の日はナチュラルメイクにするなど、自分の肌を労わりましょう。

【洗顔】“ぬるま湯で”朝夜2回

shutterstock_440166898
洗顔は、朝夜2回行います。お風呂で洗顔を行う人は、メイク落としと同様に、お風呂から上がる直前に行いましょう。

1. 洗顔料を手に取り、泡立てます。
 インナードライの人は、ワセリン、セラミドなど保湿成分の含まれた洗顔料がおすすめです。
2. 肌にやさしく触れながら汚れを落とします。
3. 32~34度のぬるま湯で泡を洗い流します。
4. 柔らかいタオルで抑えるように水分をふき取りましょう。

人の皮膚の温度はだいたい34度前後。これよりも高い温度のお湯で洗顔をすると、皮脂量が増える原因となってしまうため、ぬるま湯で洗顔を行いましょう。また、水で洗顔をすると皮脂や汚れを落としきれないので、こちらもなるべく避けてください。

【スキンケア】化粧水は洗顔後すぐ!保湿パックはつけすぎに注意を

shutterstock_243893407
保湿は、洗顔後すぐに行います。お風呂でメイクを落として洗顔をする人は、お風呂上りにすぐ化粧水や乳液をつける工夫をしましょう♪

1. 化粧水を手に取ります。
 量は、100円玉から500円玉の大きさを意識してください。
2. 手のひら全体を使って、やさしく肌になじませます
 肌をパンパン叩くのはダメージを与えるので避けましょう。
3. 乳液を上記の手順で肌になじませます。
 インナードライの人は、化粧水よりも乳液を多めにつけてください。

肌のターンオーバー周期は28日と言われています。洗顔料、化粧水、乳液の効果は、肌のターンオーバー周期である1ヶ月が経つまで分かりません。すぐさま効果が現れないからといって、別のものに変えず、しばらくは様子を見てみるのもよいでしょう。

また、保湿パックは10分以上つけるとかえって肌の水分を奪ってしまい、乾燥につながります。長時間付けるのは、注意が必要です。

【食事】良質なたんぱく質、食物繊維、ビタミンA、Cを摂り入れて、体内から保湿ケアを

shutterstock_227550832
インナードライになる原因の一つに、食生活の偏りが挙げられます。食事は、次の栄養素を積極的に摂ることを心がけるのが重要です。

良質なたんぱく質
食物繊維
ビタミンA
ビタミンC

お菓子など、油分、糖分が多く含まれているものは控えめに。カフェイン、お酒の摂りすぎにも注意です。

また、肌の70%を占めるコラーゲンを保つには、アルギニンを摂るのがおすすめ。アルギニンは、肉類、魚類、豆類に含まれています。サプリも販売されているので、自分の生活に合わせて取り入れてみるのもおすすめです。

【紫外線】日焼け止めと日傘で徹底ブロック!

shutterstock_308729222
これからの季節、お出かけの際に気になるのが紫外線。紫外線もインナードライの原因の一つになります。外に出る際は、日傘や帽子を使って紫外線を浴びすぎないようにしましょう。

頻繁に日焼け止めを塗り直すのが難しい場合は、「飲む日焼け止め」がおすすめです。紫外線を内側からブロックしながら、アウトドアやイベントを楽しみましょう!
紫外線対策をメイクに取り入れたい人は、UVカットができて崩れにくい♡おすすめの化粧下地をヘアメイクさんに聞いてみたも参考にしてみてください♪

毎日の肌の状態を確かめながら、肌トラブルを改善しよう

肌の十分な保湿と、規則正しい生活が健康な肌を保つ秘訣です♪メイクとスキンケアが自分に合っているか、肌の状態を見ながら確かめましょう。毎日、肌と向き合うことが肌トラブルの改善につながります。スキンケアや食事など、自分の生活に合ったやり方で取り入れてみてくださいね♡
肌荒れにお悩みの人は顔の肌ばかりニキビ・くすみ・テカリに悩まされるのはなぜ?原因と対策、体の肌との違いを解説もチェックしてみてください。

◎今回ご協力いただいた先生

takeuchisama02

武内大(たけうちだい)
品川スキンクリニック新潟院院長。
2016年度「美容医療の口コミ広場」総合満足度No1ドクター。
(業界大手の品川スキンクリニック・品川美容外科グループにて。)
美容外科手術を年間1000件以上、美容皮膚科症例も含めると過去の施術件数は2万件を超え、その技術力と効果に定評があります。

バナー02_CPN_W691pxH230px_Rev.1_ol (1)

LINE@集客バナー
テスコム女性キレイ研究所を
フォローして最新情報をチェック!

"Related Keywords"

関連キーワード
  • LINE_バナー