BEAUTY

ビューティーにまつわるあらゆるプロ情報を掲載。

2018.06.15

洗練された都会のOLにイメチェン♡文学系マジメ新卒女子編【vol.1 ALBUM / NOBU】

誰かのために、自分のために、多くの女性たちが抱き続ける「もっと、キレイになりたい」という想い。

今まで自分なりに努力を重ねてきたけれど、ゴールはいまだに見えないまま。美しくなるための方法は数あれど、その正解は誰も教えてくれません。

そこで女性キレイ研究所では、「もっとキレイになりたい」「新たな自分に出会いたい」と願う女性たちの悩みに答えるためのイメチェン企画の連載を開始。プロのヘアメイクによって、彼女たちが美しく変貌を遂げていく姿をお伝えしていきます。

ファッションの右も左もわからない、上京したてのマジメ文学系女子23歳

tatetno_before-1のコピー

第1回目となる今回、イメチェンを果たすのは「ファッションの右も左も分からない!」という新卒女子、菊池さん(仮名)。今年、就職を機に上京してきたばかりの23歳です。

カット前のヘアスタイルは、センター分けの黒髪ロング。カットは、入社前に胸上の長さに揃えた以来で、カラーの経験はありません。

ヘアスタイルに関する悩みについて伺ったところ「直毛かつ黒髪で重たく見えてしまうせいか、元気がなさそうと言われます」とのこと。「ファッションに関しては一切無頓着。買い物に行くと、何を買ってどう合わせたら良いのかわからなくなる」ため、いつも無難な地味色アイテムばかり選んでしまうとか。

今回は都会の「イケてるOL」をテーマに、ファッション誌や芸能人のスタイリストとしても活躍されており、Instagramのフォロワー16万人を誇るALBUM SHINJUKUのNOBUさんと、MITSUYOさんが魔法をかけます。彼女が2人のプロフェッショナルの手によって、大人の女性へと変貌を遂げていく様子をご覧ください。

before2

before3

全体の印象を変える、カラーチェンジからスタート

step1

「ナチュラルな黒髪だと重たく見えてしまうため、ぬけ感のあるラベンダーアッシュを入れていきます(NOBUさん)」。

赤味や黄色味を飛ばしてくれるラベンダーアッシュは、ロートーンでも淡く透明感を演出できると話題の最旬カラー。ブリーチをせずに、くすみがかった柔らかいニュアンスを表現できるそう。

ブラウン系よりも最近のウェット系スタイリングと相性が良いのもポイント。今回の「イケてるOL」というテーマにぴったりな、洗練された大人の雰囲気を演出していきます。

color1

肌のトーンを整え、美肌に見せるベースメイク術

AAAAA

続いて、カラー剤を浸透させているあいだにベースメイクを施していきます。

メイクを担当してくださるNOBUさんの専属アシスタント、MITSUYOさんによると、「菊池さんは、透明感のある美白肌が印象的な一方で、うまくメイクをしないと血色が悪く見えてしまう場合もある」とのこと。

今回は菊池さんの美白肌を引き立てながらも、表情が明るく見えるような血色メイクを施していきます。

tatetno_make-2

make1

「これまでは血色が悪く見えるのを防ごうと、ファンデーションを厚塗りしてしまっていた」と話す菊池さん。

「近年のトレンドメイクは、ナチュラルがキーワード。美白肌を生かすために、リキッドファンデーションとコンシーラーをメインに使います。パウダーは軽くのせてベースメイクを仕上げることで、自然なツヤのあるセミマット肌に。

眉も整えすぎるのではなく、自眉を生かしてナチュラルに。アイシャドウに入れたブラウンと同じトーンのパウダーを、眉毛にのせることで顔全体に統一感を出すのもポイント(MITSUYOさん)」。

※使用したアイテム
・CHANEL イニミタブル ウォータープルーフマスカラ
・CHANEL レ キャトル オンブル
・CHANEL オンブル プルミエール クレーム
・MAKE UP FOREVER ウルトラHDパーフェクター
・MAKE UP FOREVER ウルトラHDリップブースター アーティストアクリリップ202

1年半伸ばし続けた髪を、20cmほどばっさりカット!

cut5

カラーが終わり、いよいよカットに入ります。

骨格の特徴から、その人に似合うヘアスタイルを決めていくというNOBUさん。「菊池さんは背が高くて顔が小さいので、その魅力を存分に発揮できるショートカットヘアーにしていきます」。

そして胸上まで伸びた毛先を、20cmほど大胆にカット。一瞬の迷いもなく切り進めていく姿に、一同唖然……!

tatetno_cut-1

cut4

tatetno_cut-7

カットを進めていくと、ロングヘアーのときには隠れていた菊池さんのきれいな顎のラインや、首筋が見えてくるように。

「カットラインの美しさは、ショートの命とも言えるもの。特に首の後ろはV字に仕上げると、首を細く見せる効果があります(NOBUさん)」。

仕上げのメイクとスタイリングに突入。イメージを繊細に表現していく

step4

カラーとカットが終わり、仕上げ段階へと突入。「今回は『イケてるOL』風とのことなので、レトロな雰囲気になる内巻きではなく、フェミニンかつエレガントな雰囲気がでる外巻きに。くせ毛風をイメージしています。

透明感のあるスタイルを作るため、シアオイルを使用。ヘアーアイロンで巻く前に髪につけると、アレンジの持続力がアップします(NOBUさん)」。

※使用したアイテム
・ナプラ N. ポリッシュオイル
Nobby by TESCOM「プロフェッショナル プロテクトイオン ヘアーアイロン NIS3000」
Nobby by TESCOM「プロフェッショナル プロテクトイオンヘアーアイロン NIM3000」

styling2

step5

「美白肌にそのまま明るいチークをのせると浮いてしまうので、ブラウンを混ぜて肌なじみやヘルシー感をアップ。骨格に沿って、やや広めにチークを入れると大人っぽく仕上がります。

リップには、ヘアカラーにも入れた『ラベンダーカラー』が入っているものをチョイス。メイク全体の統一感だけでなく、ヘアスタイルとのバランスも見ながら仕上げていきます(MITSUYOさん)」。

make2

tatetno_after-14

カラーとカット、メイクに仕上げのスタイリングまでついに完成。果たして、その結果は…?

〜finish〜マジメな文学系女子から、洗練された都会のOLに大変身した姿がこちら

Beforeafter

after2

真っ黒でセンターパートのロングヘアーだった髪の毛は、ツヤめきショートカットに大変身!

「軽やかに仕上げた外ハネによって、動きのあるエアリー感をプラス。もともとの大きな瞳を生かすため、シースルーバングにすることで際立たせています(NOBUさん)」。

菊池さんの心境は、イメチェンによってどう変化したのでしょうか。

tatetno_icon

菊池さんのコメント

これまで「元気がない」という第一印象を持たれることに対しては、諦めの気持ちを抱いていたのが正直なところ。でも今回のヘアーチェンジやメイクによって、ここまで雰囲気が変わるんだと自分でもびっくりしました。周りの人からも「かわいくなった」「明るく見える」と言ってもらえたことで自信にも繋がり、気持ちまで明るく前向きになった気がします!

いま、自分の見た目や雰囲気にコンプレックスを持っている方には、一歩前に踏み出すだけで見た目だけでなく気持ちも変わるということをお伝えしたいです。今回ご協力いただいたみなさま、本当にありがとうございました!

思わず誰もが振り向くような、美しい女性へとイメチェンを遂げた菊池さん。彼女の変化は、自分への自信にもつながったようです。

今回のイメチェン企画は、これからも女性キレイ研究所からお届けする予定。日本中の女性に自信を与えるための挑戦は、まだまだ続きます。続編をお楽しみに♡

◎今回ご協力いただいたスタイリストさん

NOBU

NOBU
ALBUMのPRODUCERとしてサロンワークを中心にファッション誌やショー、アパレルカタログやwebなどのヘアメイクを行っております。
沢山の芸能人やモデルのヘアスタイルを担当!スタイルはショート~ロングまで全て得意とし、都内トップクラスのスタイリストとして活躍中。

ALBUM SHINJUKU
Instagram:@nobuhair

MITSUYO

MITSUYO
1993年生まれの24歳。長野県出身。
日本美容専門学校卒業後、都内1店舗を経て、2017年にALBUMに入社しPRODUCERであるNOBUのアシスタントとして活躍中。得意なメイクは、ナチュラルメイクと人の個性を引き立てるメイク。
Instagram:@album_mitsuyo

LINE@集客バナー
テスコム女性キレイ研究所を
フォローして最新情報をチェック!

"Related Keywords"

関連キーワード
  • LINE_バナー
  • CPN_全額返金