BEAUTY

ビューティーにまつわるあらゆるプロ情報を掲載。

2018.08.17

美髪をつくる「スカルプケア」とは?20〜30代女性50人に頭皮ケア方法を聞いてみた

ツヤのある美髪に育てるために、頭皮を健康的な状態に保つことは重要なこと。地盤となる頭皮に皮脂や汚れが詰まっていると、髪に十分な栄養が行き届かなくなってしまいます。

そんな中で注目を浴びているのが「スカルプケア(頭皮ケア)」。かゆみやニオイなどの頭皮トラブルを解消し、美しい髪を育てるためのお手入れ方法です。

一方で「スカルプケア(頭皮ケア)」といわれても、具体的に何をすればいいのか分からないのも事実。そこで今回は20〜30代の女性50人にアンケートを行い、悩んでいる頭皮トラブルや、普段から意識している頭皮ケアについて聞いてみました。

頭皮トラブルに悩んだ経験のある人は、なんと大多数!

そもそも、どれくらいの女性が頭皮トラブルに悩んだ経験があるのでしょうか。

頭皮1

アンケートの結果、なんと50人中47人が「はい」と回答。多くの方が何かしらの頭皮トラブルに悩んだ経験があるようです。

【かゆみ・ニオイ・フケ】3大頭皮トラブル別対処法

shutterstock_1071479249
ではそんな女性たちは、頭皮トラブルに対してどのような対処を行っているのでしょうか。今回は、悩みとして挙げた人が多かった「かゆみ」「ニオイ」「フケ」のそれぞれに対する対処法をご紹介します。

かゆみの場合

かゆみの対処法
■あまりに暑い日のお出掛けには整髪料の使用を控える様にし、こまめにタオルで汗を抑える様にしています。(32歳/自営業)
■シャンプーを地肌に優しいものに変え、市販の頭皮薬を使用してマッサージをしています。(27歳/会社員)
■シャンプーで洗い過ぎないようにして、頭皮を傷つけないようにしています。(37歳/主婦)
■シャンプーはしっかり洗い流すようにしてます。あとは、頭皮にリンスが付かないように気をつけてます。(30歳/主婦)
■少し値段は張りますが、髪・頭皮に優しいオーガニックシャンプーを使っています。(30歳/会社員)

頭皮トラブルの中でも、特に多かった悩みが「かゆみ」という回答。

対処法としては「頭皮に刺激を与えないように」と、シャンプーの成分が優しいものに変えたり、頭皮を傷つけないように洗ったりしている方が多いようですね。

またシャンプーやリンスをしっかりと洗い流したり、整髪料を控えたりする人も。シャンプーや整髪料が頭皮に残ると毛穴に詰まってしまい、頭皮トラブルを引き起こします。毎日使うものだからこそ、しっかりと洗い流して清潔な状態を保っておきましょう。

※正しいシャンプーの方法を知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。
シャンプーを行う時は38度のお湯がベスト!?美容師に聞く、正しい洗髪のやり方

ニオイの場合

ニオイの対処法
■脂の酸化したようなニオイが頭皮からでるので、髪を洗うときは頭皮を傷つけずに揉むようにして洗うようにしています。(34歳/会社員)
■ニオイが気になる場合は、毎日丁寧に洗い、よく乾かすようにしています。(37歳/自営業)

毎日洗っているにもかかわらずニオイが気になる場合は、食事や生活習慣などが原因で皮脂が過剰分泌されているのかもしれません。

最近では、乾かすだけで余分な皮脂のバランスを整えてくれるドライヤーもあるため、こういったドライヤーを使用するのも1つの方法でしょう。髪の健康を、頭皮からしっかりとサポートしてくれるおすすめのドライヤーはこちら。気になる方は参考にしてみてください。

髪が濡れたままで寝てしまうと雑菌が繁殖する原因になります。髪が乾いた状態になるまでしっかりとドライヤーをかけましょう。

フケの場合

フケの対処法
■保湿成分が入ったシャンプーを使っています。(23歳/会社員)
■シャンプーブラシを使って頭皮を丁寧に洗っています。頭皮のマッサージにもなり、血行も良くなるのでおすすめです。(27歳/フリーター)

頭皮のバリア機能が低下すると皮膚が乾燥し、フケが発生してしまうことも。

かゆみと同様、肌に強い刺激を与えないために保湿効果のあるシャンプーを使用したり、優しく洗うようにしたりしている人が多いようです。

1年のなかで、もっとも頭皮トラブルが気になる季節とは?

季節によって肌の状態は変わるもの。では同様に、季節が変わると頭皮にも影響があるのでしょうか。

頭皮

頭皮トラブルが気になる季節として、もっとも回答が集まったのは「夏」。理由を聞いたところ、以下のような回答がありました。

夏と答えた人のコメント
■夏は気温が高くて汗をよくかくので、蒸れていつもよりも頭皮がかゆくなるのが悩みです。(35歳/主婦)
■汗をかくとやはりニオイが気になる気がするから。(31歳/会社員)

暑いために汗をかき、頭皮が蒸れて痒みが生じたり嫌なニオイが発生したりと、さまざまな頭皮トラブルに悩む人が増えるよう。

夏に続いて多かった冬や春は、乾燥が原因による「かゆみ」や「フケ」が出やすくなる、といった回答が集まりました。

頭皮の日焼けケアはどうしてる?

夏といえば顔や体の日焼けケアが必須。一方で、顔や体よりも紫外線を浴びやすい頭皮に対しては、何か特別な日焼けケアをしているのでしょうか。

頭皮3

アンケートの結果では、50人中半分以上の方が「頭皮だけの日焼けケアはしていない」と答えました。

「いいえ」と答えた方にその理由を伺ったところ、多くの方が「日焼け対策として、帽子や日傘を使用することで頭皮ケアを兼ねている」とのこと。

スプレーやミストなど髪や頭皮にも使えるUVカット商品も販売されているのの、「頭皮だけ」のケアまでは意識していない人が多いのかもしれません。

また、万が一日焼けしてしまった場合は

■冷たいシャワーや冷却スプレーで冷やす
■頭皮用のローションやヘアオイル保湿をする

など、顔や体の日焼け対処法と同様に「冷やす」「保湿する」といった対処法をとっているそう。

日焼けは軽度の火傷とも言えるため、頭皮といえど症状が悪化しないようにしっかりとアフターケアを行うことは重要です。

頭皮をいたわるスカルプケアで、ツヤのある美髪を目指そう

いまや、男性だけでなく女性も「スカルプケア」をする時代。いきなりシャンプーやリンスを切り替えるのが難しければ、洗い方を工夫するなど今から取り入れられるものから始めてみて。

美髪はたった1日で作れるものではありません。トリートメントなどで傷みを補修しながらも、健康的な頭皮を保つことで、生えてくる髪をツヤのある美髪に育てていきましょう。

バナー04_CPN_W691pxH230px_ol

LINE@集客バナー
テスコム女性キレイ研究所を
フォローして最新情報をチェック!

"Related Keywords"

関連キーワード
  • LINE_バナー
  • CPN_キャンペーン