BEAUTY

ビューティーにまつわるあらゆるプロ情報を掲載。

2018.10.12

覚えておきたい大人メイクの基本。プロに聞いたメイク記事まとめ

パーティーやお出かけの機会が増える秋冬。

せっかくなら普段のメイクだけでなく、少し違った自分を演出できるメイク法を覚えておきたいですよね。

今回は大人女子に合うメイクの基本を部分別にご紹介します。カーキのアイシャドウやジューシーカラーのリップなど、この時期にぜひ取り入れてみてください!ワンポイントプラスするだけで、ぐっと雰囲気が変わりますよ♡

どのメイク法も、関連したページを合わせてご紹介しています。詳しいやり方だけでなく、違ったパターンのメイク法も載せていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【ベースメイク】クマやくすみが気になる方におすすめ!透明感あふれるツヤ肌の作り方

まずはベースメイクからご紹介。トレンドの「ツヤ肌」をつくるコツについてご紹介します。

【手順】
1. カラーコントロールという色の補正を行ってくれる下地を塗ります。透明感を出したい場合はブルーのカラーコントロールを使いましょう。立体感を出すために、顔の中心のみに塗るのがコツ。
メイクまとめ1
2. 顔全体にファンデーションを塗っていきます。ナチュラルな仕上がりにするため、皮膚が厚い頬には厚め、皮膚が薄い他の部分は薄めがポイント。さらにピンク系のコンシーラーを涙袋から下に塗り、クマやくすみを隠します。
メイクまとめ2
3. ファンデーションが崩れやすい目の周りやTゾーンなどにフェイスパウダーを重ねます。目の周りに仕上げのハイライトを入れたら完成!
メイクまとめ14
より透明感を出すために欠かせないスキンケアや、他のベースメイク方法についても下記で紹介しています。ぜひチェックしてみてください!

【アイブロウ】ゆるやかな角度×長めの眉で〝華やかエレガント眉毛″

続いてはアイブロウメイク。華やかなのに派手すぎない、エレガント眉毛の作り方についてご紹介します。

【手順】
1. ペンシルを使って眉毛を書き足していきます。

こめかみの毛の流れと並行に角度をつけるのがコツ。やりすぎてしまった箇所などはペンタイプのコンシーラーなどで、消したい部分をなぞるようにするとラインや形を綺麗に出すことができます。
メイクまとめ13
2. 中間→眉尻→眉頭の順に、筆を使ってパウダーを塗ります。

多くのパウダーに付属の筆がついていますが、別売りで眉毛用の筆を購入した方がより柔らかい仕上がりになるのだとか。
メイクまとめ12
3. 仕上げに眉マスカラを塗っていきます。

眉尻から塗るのがポイント。地肌につけないようにブラシを横にして、毛流れに逆らうようにつけてから、毛の流れを戻すようにムラなくつけます。
メイクまとめ4
眉メイクはアイテムを使う箇所や順番を変えるだけで、仕上がりが大きく変わります。ぜひ他のパターンにも挑戦してみてくださいね!

【アイメイク】秋・冬に大活躍!おしゃれに見えて同性ウケの良い、カーキ系アイシャドウ

定番のブラウン系に飽きてしまったときにおすすめなのが「カーキ系」。意外と肌なじみが良いカラーなので、初めてカラーアイシャドウに挑戦する方でも取り入れやすいはず。

【手順】
1. カーキなどの寒色系のアイシャドウは、まぶた全体に入れると血色が悪く見え、不健康なイメージになってしまいがち。

そのためベージュもしくはオレンジブラウンのアイシャドウを塗ってから、まつ毛に近い部分にカーキのアイシャドウを重ねていきます。
メイクまとめ6

2. クレヨンタイプのカーキのアイライナー(ない場合は、先ほどよりもさらに濃いカーキのアイシャドウでも可)で、アイラインを引くように上まぶたの際にさらにカーキを入れていきます。
メイクまとめ6

3. 下まぶた(涙袋)には、ベースで使用したベージュ、もしくはオレンジブラウンのアイシャドウを入れ、最後にブラウン系のアイラインを引けばOK。
メイクまとめ8
他にも、ブラウン、レッド、イエロー、ブルーのアイシャドウの使い方をご紹介しています。

瞳の色素や自分の雰囲気に合った色を見つけたり、シーンに合わせて選んだりするのもいいですよね。

【リップ】流行りの個性派ブドウ色カラーは、指でポンポンと塗る!

続いては、ブドウ色リップの使い方。1本でメイクの印象がガラッと変わるので、ちょっとイメチェンしたいときにおすすめ♡

【手順】
濃いブドウ色のリップは、指先に少量取って、ポンポンと乗せるように塗布。

シルバーなどクールなニュアンスのアイシャドウがよく合います。チークをほんのり程度、眉毛はかっちり作りすぎないことで、リップを引き立てるのがコツ。
メイクまとめ10
秋冬はリップメイクが楽しい季節。ブドウ色以外にも、ボルドーやココアなど、季節感のあるこっくりカラーに挑戦してみては?

【チーク】頬骨の下・黒目より内側には入れない!顔の形に合わせたメェロメイクのチーク

メェロメイクとは完熟した果実のように艶やかで、ナチュラルなスタイルなのに色気があり、男性をメロメロにするモテメイクのこと。

今回は、そのメェロメイクのなかから抜粋して、女性らしさを引き立ててくれるチークのコツについてご紹介します。

【手順】
メェロメイクのチークは、基本的には頬骨よりもやや上の、黒目より外側の部分に入れます。丸顔の人は縦に、面長の人は横に、ベース型の顔の人は中央に入れると小顔効果バツグン。

今回のモデルさんはどちらかというと丸顔寄りに分類されるため、縦にチークを入れています。
メイクまとめ19
チーク以外にも、メェロメイクのアイメイクやベースメイクなどをご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください!

大人女子のメイクを覚えて、いつもと違う雰囲気を楽しもう♡

今回はベースメイクからリップメイクまで、大人女子にぴったりなメイク法をご紹介しました。今までチャレンジしたことがなかったカラーなどに挑戦して、いつもと違った雰囲気を楽しむのも良いですよね。

どのメイクも簡単にできるので、ぜひ普段から取り入れてみましょう。

詳しいメイク方法のページでは、さらに細かく手順を載せてありますので、ぜひ参考にしてみてください!

LINE@集客バナー
テスコム女性キレイ研究所を
フォローして最新情報をチェック!

"Related Keywords"

関連キーワード
  • LINE_バナー
  • CPN_キャンペーン