BEAUTY

ビューティーにまつわるあらゆるプロ情報を掲載。

2018.10.26

童顔女子が大人っぽいモードな女性に大変身!メイクとヘアアレンジだけでイメチェン編【vol.3 ヘアメイク / 江森喜子】

女性キレイ研究所による、イメチェン企画。この企画では、美しくなりたい悩める女性を、プロの手で大変身させちゃいます!

第3弾となる今回は、童顔でお悩みの女性が主人公。カットやカラーをせずに印象を変えることは、果たして可能なのでしょうか?

*過去のイメチェン企画
洗練された都会のOLにイメチェン♡文学系マジメ新卒女子編【vol.1 ALBUM / NOBU】
クセ毛をナチュラルボブにイメチェン♡7年ぶりの縮毛矯正編【vol.2 Bella Dolce / 日野 達也】

自分でメイクを変えても、どうしても幼さが出てしまう。(26歳)

IMG_3561

before

今回イメチェンに挑戦するのは、都内のIT企業に務める坂田さん(仮名)。社会人歴が長くなってきたものの、童顔ゆえにな年齢より若く見られてしまうのが悩みだと言います。

自分でメイクを変えてみても、どうやって変えたら良いのか分からず「優等生顔」に。

彼女を今回イメチェンするのは、女性キレイ研究所でも様々なメイク記事を担当してくださっている江森喜子さん。フェミニンな印象の坂田さんを、モードで大人っぽい女性に大変身させます。

IMG_3557

コンシーラーを使って自然な立体感を作る

step1

今回のメイクの主役は、大人の女性の代名詞とも言える「赤リップ」。

「赤リップを入れてしまうとベースメイクが濃く見えたり、白っぽく見えたりするので、極力シンプルに厚みを付けすぎず仕上げていきます。

ベースメイクが終わったら、大人っぽく立体的な顔にするためにハイライトを入れていきます。ハイライトと言っても、今回使用するのはコンシーラー。白浮きせず、自然に顔に立体感を出してくれますよ(江森さん)」。

rina2

アイシャドウはマットに大人っぽく。下まぶたにはラメを輝かせて

step2

上のアイホールに使用するアイシャドウは、マットでラメが少なめな赤みブラウン系。坂田さんは少々奥二重なので、目尻をポイントにしつつはっきり色味を出していくのが良いのだそう。

「丸顔なので、縦ではなく横に広げていくことで大人っぽい仕上がりに。顔の余白を埋めるイメージで、目の幅を広げてあげると子どもっぽくなりすぎません(江森さん)」。

※使用したアイテム
・NARS デュオアイシャドー3045
・ホリカホリカ アイシャドウパレット
・ナチュラグラッセ アイブロウ BR1
・shu uemura フォーミュラ シールブラウン02

rina3

「こだわりは下まぶたに乗せるラメ入りのブラウンアイシャドウ。上まぶたには乗せないことで、瞳にインパクトを与えてくれます。

一方で、まつげは上げすぎるとガーリーになってしまうため、少し根本を起こすくらいにとどめておきます(江森さん)」。

IMG_3702

「眉毛は、今流行りのストレートに。一本一本毛を付け足すように書いていくことで、自然な印象になります。今回はアイメイクをがっつりやっていないので、その分眉毛で眼力を強調していきましょう。

眉マスカラを使用して眉毛全体を明るくしても良いですが、地毛の色を少し残したほうがモードっぽくなるため、今回は使用しません(江森さん)」。

主役は赤リップ♡ 引き算メイクでモード顔に

step3

「赤リップ系は、コンシーラーで唇の色を消すことできれいに色が乗ります。リップラインはくっきり作らずに、ぼかし気味にすることでキツすぎない顔にしました。

リップが主役なので、チークはベージュで控えめです。今回はシェーディングのように、頬骨を削るようにこめかみ辺りまで馴染ませて使用しています。骨頬が張っている方などは、パール感の強いものなどは逆に悪目立ちするので入れる位置に注意が必要です。

基本的には、ニコッと笑って盛り上がる、小鼻と黒目の延長線を結んだところからスタートし、そのまま優しくまわりに馴染ませると失敗しにくいです(江森さん)」。

IMG_3722

「チークにブラシを使用する場合は、ブラシの面を意識してみて下さい。意外に左右でブラシの置き方が違ってしまっている場合があります。丸顔さんは、こめかみのほうにむけて馴染ませるイメージで入れるとシャープになりますよ。

その時に、指、スポンジ、ブラシなどを必ず一度ティッシュやパレット、手の甲などに置いて、しっかり馴染ませてから使用することで失敗しにくくなります。

チークは一度で完成させようとすると失敗しますので、少しずつ重ねていくことで、血色感のある自然な仕上がりになります(江森さん)」。

※使用したアイテム
・THREE チーキーシークブラッシュ 08 ETERNAL TRAVELLER〈チークカラー〉4g
・rms beauty リップスティック ラプチャー<リップカラー>
・shu uemura ルージュ アンリミテッド BR760

rina9

「アイラインを引いていなかったのですが、赤リップとバランスを見て、目尻だけ引くことにしました。最初は引き算しつつ、最後に全体のバランスを見て足していくとバランスが取れますよ(江森さん)」。

ヘアアレンジはラフが命!ローポニーで都会的なスタイル

step4

普段はあまりヘアアレンジはしないという坂田さん。今回は、ゆるめのローポニーにチャレンジします。

「印象を変えるために、ローポニーで都会的な雰囲気にチェンジします。可愛らしい重めの前髪は動きをだして軽く(江森さん)」。

※使用したアイテム
・TESCOM マイナスイオン 2WAYブラシヘアーアイロン TPH2820

rina8

「S字を描くように、ストレート面でウェーブを作っていきます。2wayブラシアイロンなら、ウェーブがゆるく付くのでよりナチュラルに仕上がりますね。

後頭部の低い位置で髪をまとめたら、ゆるくトップをほぐして、毛束でゴムを隠します(江森さん)」。

IMG_3838

メイク、ヘアアレンジが無事完了! カットやカラーをしなくてもどの程度印象を変えることができるのでしょうか……?

〜finish〜優等生なフェミニン女子から、モードな大人顔に大変身!

rina7

どちらかというと可愛らしい印象のビフォーから、都会を闊歩する姿が想像できるクールで大人な女性に。

「もともと可愛らしいお顔だったんですが、メイクで眼力をプラスすることで大人っぽく仕上げてみました(江森さん)」。

坂田さんのコメント
丸顔のせいか年齢よりも幼く見られることが多くて、コンプレックスでした。ヘアカラーを変えたり、ショートヘアにしたり、色々試しては見たものの雰囲気はあまり変わらず……。でも今回のイメチェン後、「大人っぽくなった」「ガラッと印象が変わった」と周りから言ってもらえました! また自分に似合う自信がなくて使っていなかった、憧れの赤リップにも挑戦できてとても嬉しいです。今後は、普段のメイクにも取り入れてみようと思います!

今回の挑戦で、メイクの幅も広がったという坂田さん。なりたい自分になるきっかけにもなったようですね!

今回のイメチェン企画は、これからも女性キレイ研究所からお届けする予定。日本中の女性に自信を与えるための挑戦は、まだまだ続きます。続編をお楽しみに♡

◎今回ご協力いただいたヘアメイクさん

emorisanpro

江森喜子(えもりきこ)
東京都新宿区在住。6年ほどのヘアメイクサロン勤務を経て現在フリーランスで活躍。現在の活躍フィールドはブライダル、映像、Webカタログなど。

▼江森喜子さんにご協力いただいた過去記事はこちら
OL必見♡オフィスで浮かない「カラーメイク」の方法をプロに聞いてみた
化粧直しのやり方、徹底解説。超コンパクトなメイク道具で全てを済ませる方法
ボルドーのリップはどんなメイクに合う?プロに聞く、カラーリップの合わせ方
アイシャドウの色によって印象はどう変わる?仕上がりの違いをプロに聞いてみた

LINE@集客バナー
テスコム女性キレイ研究所を
フォローして最新情報をチェック!

"Related Keywords"

関連キーワード
  • LINE_バナー
  • CPN_キャンペーン