GIRLS TOPICS

女子が気になる話題のアレ(トピック)について。

2016.10.21

【No more 彼氏との喧嘩!】オネエに聞く、カップルの円満な付き合い方

カップルや夫婦にとって、できれば避けたい「喧嘩」。

とはいえ、そこは「男と女」。全く喧嘩をしないということはなかなか難しいものです。そもそも、男性と女性は感覚からして「別の生き物」であると言われることも多いもの。

そんな別の生き物と言われる男性と女性の両方の気持ちを理解している方…。
その方が、今回お話を聞いたTO-RUさんです。

TO-RUさんはオネエセラピスト、恋愛心理カウンセラー&占師&開運ナビゲイターとして活躍しており、TV出演や著書も発表しています

というわけで今回は、オネエセラピストのTO-RUさんに、「カップルの円満な付き合い方」についてお聞きしてきました。

「最近彼氏や旦那と喧嘩ばっかり…」と悩んでいる方は是非、参考にしてみてください。

男は愛すべきワンちゃんと思いなさい

shutterstock_337520018

TO-RUさん:「男性は結局、プライドが高い生き物なのよ。だから、女性が母性を発揮して男性をコントロールすればいいの

TO-RUさんいわく、女性は男性と張り合ってしまってはいけないといいます。というのも、そもそも男性は古来から「闘いの資質」がありプライドが高い生き物だからだそう。一方、女性は古来から「協調や調和」というものを大事にして生きているからこそ、「女性が闘争心を出すとぶつかってしまう」のだといいます。

TO-RUさん:「だから男性がいやなことは、基本女性はしないことが大事なの。女性は男性をうまく受け入れることね。喧嘩になってしまったり、険悪な雰囲気になってしまったときには女性が折れることが一番大事。この時にやっぱりイライラとかしちゃうって女性は沢山いると思うわ。そんな時大事なのは、彼氏や旦那さんを『愛すべきワンちゃん』と思うこと」

ワンちゃんだと思え!という理由は、「ワンちゃんだったら道端で駄々っ子しちゃっても、ワンワン吠えてても怒鳴ったりしないでしょ?」とのこと。
確かに、ワンちゃんがどんなにイライラさせる行動をしたとしても、思い切り怒るということはしないものです。意識を転換して、彼氏や旦那をワンちゃんだと思えば女性自身が折れることに対して、決してストレスには感じなくなる…のではないでしょうか。

TO-RUさん:「男性はね、結局純粋なの。なぜ私がオトコを好きかというと、純粋、単純だし、仲間の輪とか会社の輪を大切にするからなのよね。そこが男性の魅力であり、ワンちゃんのように可愛い所でもあるのね」

男性は自分をなかなか変えられない、でも女性は自分を変えられる

shutterstock_257497339

前述の、TO-RUさんが「女性が折れるべき」という理由は、「男性は自分をなかなか変えられない、でも女性は自分を自由自在に変えられる」からだといいます。

TO-RUさん:「女性は自分を変えることができる生き物なの。結婚して嫁いで環境が変わった時にも自分を変えるのと同時に、したたかさが必要だったからね。要するに、歴史的に見ても、女性は『自分を変えて、したたかにならないと生きてこられなかった』からだと思うのよ。だからこそ、女性は強い。逆に男性は、環境の変化に弱いの

TO-RUさん:「でもね、そんな環境の変化が苦手な男性も『女性』によって変われるの。パートナーの好きなものによって男性も趣向が変わったりするじゃない?『女性は男性を変えることができる』。これは間違いないわ」

パートナーは自分を映す鏡でもある

shutterstock_149819321

女性によって、男性も変わる…。だからこそ、パートナーは自分を映す鏡でもあると、TO-RUさんはいいます。

TO-RUさん:「結局、『女性のでき次第で男は変わる』のよ。いい意味でも悪い意味でも影響を与えてしまうから。だからね、女性は男性を受け入れた上で、『操ること』。あととても大事なことは、パートナーの悪口をいう女は最悪ね。愚痴とかはいいけれど、『根本でパートナーに対する信頼、尊敬』がないとダメね。それがないのなら、キッパリ別れた方がいいわ!」

TO-RUさん:「余談だけど、パーティーとかに行って色々な男性にあったりするんだけど、やっぱりその時に思うのって『いい男にはいい女がいる』ってことなのよ。これは間違いないわ。特に、『奥さんには頭が上がらなくてですね〜』なんて言う男性は素敵な男性が多いわね」

女性の器次第で、男性の器が決まる。TO-RUさんはこういいます。確かに、昔から出世する男性、いわゆる「武将」などの裏には、いい女性たちがいることが多いものです。
それ故、パートナーは自分を映す鏡でもあるのです。

全ては女性の「心のありかた次第 捉えかた次第」

shutterstock_295965092

円満に過ごし、喧嘩をしない日常を過ごす。これは全て女性の心のありかた、捉えかた次第だそう。

TO-RUさん:「円満に過ごす秘訣は結局女性次第なの。決して、喧嘩することは悪いことじゃないわ。喧嘩は『わかりあうこと』と同義なの。でもね、そこで女性が意地をはってはいけないわ。全ては女性の心のありかた、捉えかた次第。女性は受容性や母性を磨くこと。それが大事よ。女性は肉体的に弱いから精神的に強い。男性はその逆なのだから」

そして最後に、TO-RUさんが「男性に効く言葉」を教えてくれました。

TO-RUさん:「最後に、男性に一番効く言葉を伝授するわ。それは、『あなただけが頼りなの』って言葉。男性は単純な生き物だからそれが支え、生きがいにもなったりする。きちんと男性心理を理解した上で付き合っていくことが大切よ。男性っていうのは、居心地がいい方を選ぶ。だから、『居心地のいい女性』になれば、例え浮気しても戻ってくるものよ

男性との付き合いだけではなく、仕事でも女性は女性らしさをうまく活用していくことが大事だとTO-RUさんはいいます。
現代は、家庭も、会社もそして社会も「女性性(女性らしさ)」が必要とされる時代です。

それは女性の持つ受容性や母性が男性に、そして現代社会に欠かせないものだからだそう。

男性を操るのは女性…それを念頭に置きつつ、TO-RUさんのアドバイスを元にパートナーと向き合うことで、喧嘩のない円満な関係が築けることでしょう。

◎今回ご協力いただいたアドバイザーさん

TO-RU(トール)

カリスマオネエセラピスト。( 恋愛アドバイザー / 東京都)
ヒーリングスペースしじま ネオセラピスト
日本屈指のアロマブランド『ニールズヤードレメディーズ』契約セラピスト。生まれ持っての両性具有の感覚そして自然のエネルギーを生かし恋愛&スピリチュアルカウンセラーとしてTV・雑誌各メディアに登場。過去3,000件以上の鑑定歴あり。

テスコム女性キレイ研究所を
フォローして最新情報をチェック!

"Related Keywords"

関連キーワード
  • ともに磨き、ともに輝く
  • Salon de TESCOM