GIRLS TOPICS

女子が気になる話題のアレ(トピック)について。

2016.07.05

【結婚する確率は○%!?】同棲する意味を経験者に詳しく聞いてみた

恋人のいる多くの人が、一度は頭をよぎる“同棲”。
巷では同棲し、その後結婚をした人の話は良く耳にします。

しかし、その裏側では別れてしまった人たちがいることもまた事実です。

同棲に興味があるけど、どれくらいの確率で別れてしまうんだろう…。」と悩んでいる方たちのため、今回は同棲経験者23人(男女とも)、その結果や同棲から学んだことを聞いてまいりました。
同棲をしようか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

同棲から結婚へ至る確率は50%以下!?

まず、最も気になるのは同棲したカップルの何%が結婚し、別れたのか。結果は以下の通りでした。

couple_episode1

お話を聞いた23人中11人が結婚12人が破局という悲しい事実があらわに…。少なからず結婚を意識して始めることが多い同棲ですが、実は破局してしまうケースの方が若干多いようです。

それでは双方の詳しいエピソードを聞いてみましょう。

同棲→結婚した人達に聞く、結婚を決意したワケは?

couple_episode2

まずは、同棲から結婚まで至った方たちに同棲して良かったことや結婚に踏み切った経緯をお聞きしました。

同棲してお金が貯まると思ったが、意外に貯まらなかった。二人で一緒にいる時間が長ければ長いほど、お金は出ていくってことが同棲してわかった。なので、自分の中で”この歳までにはこの年収”ということを決めて実際に実行した。相手がいることで、自分がもっと稼ごうとポジティブになれた。」(26歳男性)

同棲することで、一人の時よりも貯金へのモチベーションが上がったというこの男性。見事目標の年収を達成しただけでなく、それをきっかけに結婚まで至ったそう。

また、お金ではなく時間に対する意見では、

同棲を開始した当初は僕がマイペースなタイプで、彼女がせっかちなタイプだったので時間の流れが全く違った。それ以外は不満はなかったのだが、日常生活において、自分のペースで時間を使えないことがストレスだった。でも、そのストレスを相手にきちんと話して理解してもらった結果、お互い居心地がよくなり結婚に踏み切った。」(30歳男性)

とのエピソードも。

一人の時の時間の使い方と、同棲をしてからの時間の使い方は大きく異なるもの。とはいえ、結婚を見据える相手ならばお互いのペースを知ることが大切だとこの男性は言います。それを同棲の段階でしっかりと話し合って理解し合ったことが結婚へのきっかけになったそうです。

couple_episode3

次は女性の意見です。

同棲した人達はよく言いますが、“良い部分より悪い部分が見える方が圧倒的に多い”という点です。癖や習慣など、相手の悪い面を受け入れられるかが、結婚までの大事なポイントだと思います。私は“この程度なら”と思えたからこそ結婚を決意しました。」(29歳女性)

結婚をするにあたり、相手の悪い面を許容できるかは大きなポイント。“結婚は妥協”なんて言葉をよく聞きますが、完璧を求めるのではなく悪い部分を受け入れられたからこそ、結婚を決意したケースです。

結婚までに重要なことは、“期日”を決めること

couple_episode4

そして、結婚まで至った人達が多く口にしていたことは「結婚する時期をしっかりと決める」ということです。

同棲をする際によく懸念されるのは「一緒にいる環境に慣れてきて結婚をせず、ずるずるしてしまう」ということ。
これをなくすために同棲中、もしくは同棲を決断する時に結婚までの期日をしっかり決めるということが大切なのだとか。
確かに、慣れ合いは非常に恐ろしいものです。そのエピソードは破局してしまった人達から数多く聞くことができました…。

という訳で、次は破局してしまった人達のエピソードです。

同棲→破局…それに共通するエピソードとは?

couple_episode5

同棲の結果別れてしまった人達に、そのきっかけを聞いてみると、

一緒に暮らすことによって慣れすぎてしまい、家事分担や食事までなぁなぁになってしまった。気づけばお互いの生活ペースができ上がってしまったため、言い出すタイミングを逃し、結局喧嘩ばかりになって別れてしまった。」(28歳女性)

とのお話が。
この方は同棲開始の時点で家事分担などをしっかり決めなかったため、生活に慣れてくるうちにどちらも言い出せなくなってしまったとのこと。結婚の期日を決めることと同様に、家事分担なども事前にしっかりと決めておいたほうが良さそう。

また、
お互い、細かい生活習慣の違いが受け入れられなかった。同棲当初は盛り上がっていたからイライラしなかったことが、慣れてくるうちストレスの元に。最初の時点できちんと話し合って解決しておけば別れることはなかったかもしれない。」(27歳女性)
との意見も。
これも慣れから生まれてしまった行き違い故、別れてしまったパターンです。不満に思うことはその時点でしっかりと話し合いをして1つずつ解決していくことが大切かもしれません。

以上のような破局エピソードからも分かる通り、多くの原因は“慣れてしまったからこそ話し合う時間を取らなくなってしまったこと”、そして“決め事をしっかりせず、なぁなぁにしてしまったこと”が原因のようです。

たとえ別れてしまっても、“同棲する意味”はある!?

couple_episode6

別れた際、新たな住まいを見つけなければならず、大変なことだらけの同棲からの破局。しかし意外にも同棲で破局したほとんどの方々が「結局、同棲はしてよかった」言っていました。

その理由を聞いてみると「結婚する前に、その人と一生を共にできるかどうかが分かるから」とのこと。同棲がダメだった相手とは、結婚してもダメだということです。

また、人が一番成長するのは“恋愛”からだと言われています。“喧嘩”や“別れ”など困難なことがあっても、それを乗り越えていくことで学ぶこともたくさんあるようです。

今のパートナーと同棲しようか悩んでいる方は、一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。
同棲は、お互いのことをしっかりと知ることができ、相手も自分も成長させてくれるとても大切な機会かもしれません。

テスコム女性キレイ研究所を
フォローして最新情報をチェック!

"Related Keywords"

関連キーワード
  • ともに磨き、ともに輝く
  • Salon de TESCOM