GIRLS TOPICS

女子が気になる話題のアレ(トピック)について。

2018.09.28

仕事が楽しくない……違う職種に転職すべきでしょうか?〜トイアンナの人生相談所〜(前編)

20代前半には感じなかった、結婚への焦り。家事と育児の両立。将来への漠然とした不安。「アラサー」であることを意識し始めた途端に立ちはだかった新たな悩みが、あなたを縛り付けてはいませんか?

人生に正解はないものの、誰かに答えを求めたくなるときもあるでしょう。

そんなあなたのお悩みを解決すべく、この度女性キレイ研究所では、人気恋愛コラムニスト・トイアンナさんのお悩み相談コラムをスタート。題して、「アラサー女子の駆け込み寺」です。

8月24日〜8月31日の期間限定で募集し、お寄せいただいたトイアンナさんへのお悩みの中から、今回は仕事に悩みを抱えている女性のお悩みに、ずばり回答していただきました。

「転職へ逃げるな」アラサー女性へお届けする、キツい現実

こんにちは、トイアンナです。私は新卒で外資系メーカーのマーケティング職へ入り、そのまま独立してフリーランスのマーケターをしながら恋愛コラムを書いています……自分で書いていても「コイツ怪しい」と思わされる経歴になってしまいました。

私の展望がまるで見えないキャリアはさておいて。2つ以上のお仕事を両立させるなど、ライフスタイルに合わせて柔軟に生きていかざるを得ないのは女性の現実です。

そこで今回、実際の相談を引用させていただきつつ「転職へ逃げない」キャリア形成の方法をお伝えしたいと思います。

転職市場でナメられない人材になろう

shutterstock_93356380
体や心を病みそうな方、とっとと転職しましょう。あなたはほかの場所で輝けます。あなたが病む職場が異常なだけです。安心してください。

そうでない方は、転職をする前にじっくり「第3の選択肢」を考えてみませんか。

こんなご相談をいただきました。

営業事務に転職し、2年目。仕事を任されることが多くなり、充実してるはずなのに、どこかこの仕事に満足してない自分がいます。辞めるのが早くなるか、遅くなるかのどちらかで定年まで働くつもりはありません。
もともと、労務管理や行政事務(公務員)に興味があったため、やりたくないことをやっている感じがして全く仕事が楽しくありません。今の上司はとてもよくしてくださるので、もう少し上司の下で勉強したい気持ちもありますが、それ以上に仕事内容に興味が持てないので、モチベーションが上がらず日々つらいです。これは思い切って、転職すべきなんでしょうか?
(らむさん:営業事務、25歳)

新卒入社してすぐの業務がつまらないのは、耐えがたい苦痛ですよね。そして「労務」という、どちらかといえば人事畑のお仕事を希望されていたのに営業事務

確かにいつかは辞めることが前提になるかと思います。一般的に、異職種へ転職したいなら転職は早ければ早いに越したことがないと言われます。管理職になってしまうと特にイチからキャリアをやり直すのが難しくなるからです。

が、私はあえて転職にストップをかけたいと思います。なぜなら職種を変える転職では、待遇面で大いにナメられるからです。

どうせ転職するなら、好待遇を目指すべし

私の知人で、投資銀行を辞めメーカーへ異職種の転職をされた方がいます。その方は投資銀行でトップの業績を残していたにもかかわらず、メーカーでは契約社員からのスタート。年収も数分の一となりました。

採用側から見ると「経験が無いんだから」と好待遇で迎えられないのもわかります。しかし新卒ならせめて正社員になれたはず。

「職種を変えてまで転職したい人なら、給与を大幅ダウンしたり正社員待遇でなかったりしても承諾するだろう」と相手にナメられるのです。

ですから、転職市場でナメられない程度の経験を積んでおきましょう。具体的には、他社で労務の経験を「転職する前から」積んでおくことをおすすめします。

たとえば就業時間外でベンチャーへ無給で参加し、転職を希望する職種を経験してはいかがでしょうか? そのときは無給でつらいかもしれませんが、転職時の待遇改善へ大きなアドバンテージとなります。

たとえば私は「恋愛コラムニスト」として2015年から仕事をしています。それだけをやっていてもいいのですが、これからリーマン・ショック級の不景気が来ると先細るかもしれません。そこで極端に憶病な私は、マーケティングのお仕事も同時に受け続けています。

さらにマーケティングの仕事がいつかAIへ代替されたら失職してしまうと怯え、第三のキャリアが作れないかも考えています。ここまで被害妄想がはかどると逆におめでたいのでオススメしませんが、「同時並行できる仕事はしておく」というのはこれからの世界を生き抜く上で重要な武器となるでしょう。

toianna_photo_1

トイアンナ
外資系企業で消費者リサーチに参加した経験から、人生相談を受け始める。ブログ『トイアンナのぐだぐだ』がヒットしたことから2015年にライターとして独立し、現在10媒体以上で連載を抱え、これまでにのべ900人以上から人生相談を聞いている。書籍『恋愛障害 どうして「普通」に愛されないのか?』『モテたいわけではないのだが ガツガツしない男子のための恋愛入門』など多数。
ブログはこちら、Twitterはこちら

LINE@集客バナー
テスコム女性キレイ研究所を
フォローして最新情報をチェック!

"Related Keywords"

関連キーワード
  • LINE_バナー
  • CPN_キャンペーン