GIRLS TOPICS

女子が気になる話題のアレ(トピック)について。

2018.10.05

カップルのマンネリ問題、どう解決すべき?交際歴3年以上のアラサー女性4人に聞く実践エピソード

長年付き合っているカップルや夫婦が、必ずやぶち当たる「マンネリ化」。付き合い始めのような新鮮味がなくなってしまい、どこか物足りなさを感じてしまう時期です。

そんなとき、周りのおしどりカップルたちはどのようにして解決してきたのでしょうか。

今回は、交際3年以上の彼氏や旦那さんがいる20〜30代の女性4名にご協力いただき、過去のマンネリ解消エピソードについてお伺いしました。

【交際歴7年のMさんの場合】長年付き合っても、記念日をちゃんと大事にする

pixta_41674077_M

最初に話を聞いたのはMさん。大学のサークルで知り合った2歳年下の彼と7年間お付き合いされています。

「大学院生のころ、彼と同棲し始めてからマンネリ化を経験しました。お互い授業が決まった時間にあり、バイトも固定で。毎日のルーティンが決まっていて、生活リズムが一定になってしまったんです。」

ー同棲する前はマンネリ化はなかったのですか?
「なかったです。所属していたサークルは一緒でも私は引退していて、学部もお互い違ったので。1週間に1回はデートをしていましたが、マンネリ化はなかったです。

もともとデートのときしか会えなかったのに、同棲するといつでも会えるようになって新鮮味がなくなってしまうので、どうしてもマンネリ化しますよね。」

ーでは彼と同棲しているとき、どうやってマンネリ化を解消していましたか?
記念日のサプライズを大切にして、ドキドキを忘れないようにしています。例えば、誕生日に手作りのアルバムをプレゼントしたり、バレンタインの日にチョコペンでお皿に「大好き」って書いたり

ちょっといいレストランを予約して、お互いにドレスアップしておでかけすることも多いです。おうちのリラックスウェアーだとドキドキしないけど、おしゃれしている彼を見ると“やっぱりかっこいいな”って見直す機会になりますよ。

記念日に素直な想いを伝えることは大切です。ちゃんと愛情表現をしてないから、マンネリになると思うので。長年付き合っていると次第に記念日やイベントがおざなりになりがちですが、手を抜かないことが大切だと思います。」

【交際歴4年のNさんの場合】一度距離を置くことで、彼と過ごす時間の大切さに気づいた

pixta_39554470_M
次にお話を聞いたのはNさん。職場で知り合った1歳年下の彼と、4年間お付き合いされています。付き合って3ヶ月目で彼と同棲を始めたNさんですが、当時は一緒に住んで別れての繰り返しだったそう。

「一緒に住んで、マンネリ化して別れて、また一緒に住む、という繰り返しでした。」

ー何回かマンネリ化を経験されているんですね。別れるまでに至ったのは、何か理由があるのでしょうか?
一緒に住むことで、お互いの嫌な部分が見えてしまったからです。お互いが持っている理想の彼氏・彼女のイメージが崩れてしまったというか。

そうすると、一緒にいるときよりも他のことをするときの方が楽しくなって、だんだんと恋愛感情が薄れていきました。彼との予定より友達との飲みを優先するように。でも、その状況が続くのはお互いにとって良くないなと思って、いったん別れることにしたんです。」

ーいったん、ということは、また付き合う前提だったのでしょうか?
「そうですね。お互い一回離れたらまた好きになるんだろうな、と思っていました。私の場合、彼と距離を置いている間は、シェアハウスに住んで色々な人とコミュニケーションを取るようにしていました。

この期間に、彼と過ごす時間の大切さに気づいたからこそ、今彼との時間を楽しめているのかもしれません。一度離れてみるのもマンネリ化を解決する手段の1つだと思います。」

【交際歴6年のOさんの場合】クリスマスは毎年温泉旅行に。いつもとは違う思い出を作る

pixta_39832422_M
次にお話を聞いたのは、Oさん。大学で同じサークルに所属していた1歳年上の彼とお付き合いされています。

「学生時代は、彼が前に付き合っていた子が同じサークルにいて、常に人間関係に気をつかっていたので、マンネリ化はなかったです。

大学を卒業したら、周りの目を気にする必要がなく刺激がなくなったせいか、たまにマンネリ化することがあります。」

ーどうやってマンネリ化を解消していますか?
「記念日には旅行をするなど、非日常に身を置くことがマンネリ化解消につながっていると思います。

長く付き合っていると、記念日に渡すプレゼントに困りますよね。そこで彼と話し合って、これからクリスマスは温泉旅行をしようってなったんです。遠くに足を運んでみると、いつもとは違う思い出ができて良い刺激になると思います。」

【交際歴3年のYさんの場合】彼の男性らしい一面が見られる機会を作る

pixta_42817416_M
最後にお話を聞いたのは、Yさん。趣味のひとつであるランニングをきっかけに知り合った2歳年下の彼と、3年間お付き合いされています。

「私の場合は今でも彼にドキドキすることが多いので、マンネリ化しているなと思うことはそんなにありません。でも長く付き合っていると、会話がなくなってきたと感じることはたまにありますね。」

ー素敵ですね。どんな時に彼にときめくのでしょうか?
「長く付き合っていると、男性として意識することがなくなってくるのですが、彼の男性らしい一面を見ると、改めてかっこいいなと思うんです。

例えばキャンプに連れて行ってもらったときに、準備をしている姿がたくましくて、かっこいいなと思います。あとは、ランニングがお互いの趣味なので、彼がレースに出て頑張っている姿を見ると、ぐっときますよね。」

ー会話がなくなってきたと感じた時はどうしていますか?
「一緒にお笑いの動画を見たり、おでかけをしたりします。何かを一緒に体験することが話題につながりますよね。

それ以外だと、普段はよくランニングの話をします。お互い好きなことが同じだと、自然と会話が増えて盛り上がるんですよね。彼と共通の趣味を持つのも、マンネリ化解消にいいと思います。」

自分と彼にとってぴったりなマンネリ化解消術を見つけよう

今回インタビューした4名から話を聞いたところ、カップルのマンネリ化を解消するためには以下のような方法が効果的だとわかりました。

・記念日を大切にして、自分の想いをちゃんと伝える
・あえて1回距離を置いて、彼と過ごす時間の大切さを実感する
・非日常に身を置いて、普段とは違う思い出づくりをする
・会話が減ったときは共通の趣味を持つなど、一緒に盛り上がれる話題をつくる
・スポーツやキャンプなど、男性らしい一面が見られる機会を作る

付き合う期間が長くなると、どうしてもマンネリ化してしまいますよね。

「彼にときめくことがなくなった」、「彼との同棲期間が長く変化がない…」という方は、ぜひご紹介した方法を試してみてください。きっと彼の魅力を再確認できるはず。

マンネリ期を乗り越えることで、彼との絆をより深めていってくださいね。

LINE@集客バナー
テスコム女性キレイ研究所を
フォローして最新情報をチェック!

"Related Keywords"

関連キーワード
  • LINE_バナー
  • CPN_キャンペーン