HAIR

プロが教える、簡単にグッとステキに見える髪テク集などを公開。

公開日:2019.05.24

湿気による髪の「うねり・広がり」は普段のケアに原因あり!?梅雨時の対策をプロに聞いてみた

湿気が多い梅雨時には、うねりやパサつき、広がりといった髪のトラブルが多いでしょう。

自分なりにヘアケアを行なっていても、「ツヤのある髪をキープできない」「湿気で巻き髪が取れてしまう」といったお悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか?

今回はヘアサロン「Mira by green」のSEKIさんに湿気が多い時の3大髪トラブル、普段から髪のダメージを軽減するヘアケア方法、梅雨時に使いたいヘアケアアイテム3選についてお聞きしました。

【梅雨時の3大髪トラブル】うねり・パサつき・広がり

shutterstock_1214254651

髪の水分量のバランスが崩れることで起きる「うねり」

梅雨など湿気が多い時期に特に多い髪のトラブルが「うねり」です。特に髪が細くて柔らかい猫っ毛の方はくせが出やすく、うねりが気になる方が多いようです。

髪がダメージを受けており水分量のバランスが崩れてしまっている、あるいはもとからうねっている形で髪が結合しているといった原因が考えられます。うねっている髪同士が重なってまとまりがなくなるので、髪の広がりにつながることも。

普段のケアを怠ると目立つようになる「パサつき」

「パサつき」もこの時期に目立つ髪のトラブルです。髪が乾燥している方に多く見られます。例えば、乾かす前に何もつけていなかったり、自然乾燥をしたりするとよく起こる髪のトラブルでしょう。

湿気によって髪の水分バランスが崩れやすくなるため、梅雨時期に目立つようになりますが、髪のパサつきは通年で起きやすいもの。自宅でのヘアケアを毎日しっかり行うことが1番の解決策なのです。

髪のダメージやヘアカットの仕方に原因がある「広がり」

湿気が多い季節に目立つ3つ目の髪のトラブルは「広がり」です。髪のダメージ以外に、ヘアカットの仕方にも原因があります。

髪の広がりを気にして髪をすきたくないという方が多いですが、毛量が増えすぎると反対に広がりやすくなってしまいます。そのため今回お話を伺ったヘアサロンでは髪の根元から中間の量を減らし、毛先に厚みを残してまとまりをよくするヘアスタイルをおすすめしているそうです。

湿気が多い時期に限らず、普段から髪が広がらないスタイルにしておくことを心がけておくとよいでしょう。

基本的なヘアケア方法をマスターして湿気に負けない健康な髪に

shutterstock_188546246 (1)
梅雨時に出てきやすい髪トラブルは、普段から受けている髪のダメージが原因に。基本的な髪のケアを毎日きちんと続けることが大切でしょう。

自然乾燥はNG!お風呂上がりはヘアオイルなどを使ってケア

ロングヘアの方に多いのが少し時間を置いてから髪を乾かすパターンです。自然乾燥は湿気が多い時期の3大トラブル全ての原因につながってしまいます。お風呂上がりはすぐに髪を乾かす習慣をつけてくださいね。

ハンドブローをするのがヘアドライのコツ。手ぐしで髪をやさしく引っ張りながら乾かしましょう。さらに髪の根元をいろいろな方向から乾かす、髪全体を後ろから前に乾かす、最後に下を向いてドライヤーを上から当てるといったことを心がけるだけで、まとまりがある髪に仕上がります。

髪を乾かす前後や仕上げに、ヘアオイルや洗い流さないトリートメントなどのケアも忘れずに。基本的なことをマスターするだけで、美容室でブローをした時のような仕上がりになるでしょう。

ヘアアイロンは高温でさっと巻くのがコツ。スタイリング剤を忘れずに

ヘアアイロンをよく使っている方は、熱によって髪のタンパク質が固まり毛先がパサつくことが多いです。低温で髪を巻いても長くヘアアイロンを当てていると髪へのダメージは大きくなるので、180〜190℃にヘアアイロンの温度を設定し、さっと巻くことで巻き髪のツヤがアップするでしょう。

カールを持続させるには、スタイリング系のオイルなどをつけてから巻き、巻いたあとにはセット力があるスタイリング剤をつけるのがマスト。質感が軽く、巻き髪をしっかりキープできるスプレーワックスがおすすめです。

ヘアアイロンによる髪のダメージが気になるという方におすすめなのが、テスコムのスチームヘアアイロンです。水タンクに水を入れるとスチームを当てながらスタイリングをすることができるので、スチームの潤いで手触りのやわらかな髪に仕上がります。

IMG_5071 (1)

(写真左:マイナスイオン スチームヘアーアイロン TTH2810、写真右:マイナスイオン 2WAYスチームヘアーアイロン TPW2832

以下の記事では、スチームヘアアイロンについて詳しくご紹介しています。ぜひチェックしてみてくださいね。
ヘアアイロンのスチーム機能って本当に必要?使いこなしてツヤ髪をゲットする方法を美容師に聞いた

湿気による髪ダメージに効果的!梅雨時に使いたいヘアケアアイテム3選

【うねり】コタスタイリング ジェリー SP


さらさらな質感に仕上がるのが特徴です。ヘアドライをする前に髪につけてブローをすれば、きれいなストレートヘアに。髪の「うねり」や「広がり」を抑える効果があり、湿気の多いこの季節にぴったりです。「Mira by Green」では去年の梅雨時期も大人気だったそう。

【パサつき】rolland O-WAY infine グロッシーネクター

自由自在にスタイリングができるヘアオイルです。髪に栄養を与えてくれるうえ、湿度から髪を守ってくれるため、髪のツヤがアップします。「パサつき」を抑えることができ、一日中ヘアスタイルをキープできる優れモノです。

【広がり】コタスタイリングベース B1・B3・B7 


コタスタイリングベースシリーズ。B1、B3、B7はそれぞれミスト、クリーム、オイルタイプのトリートメントであり、化粧水、乳液、美容液のような役割をしているそうです。自宅で髪を乾かす前に重ね付けをすることで、髪の収まりがよくなっていきます。保湿力の高さも魅力。

基本的なヘアケアを毎日忘れずに。健康な髪づくりをして梅雨を乗り切って♡

「うねり、パサつき、広がり」といった湿気の多い時期に目立つ髪のトラブル。原因は普段ドライヤーやヘアアイロンなどを使っている時に髪が受けているダメージです。

これらのトラブルは基本的な髪のお手入れを毎日しっかり行うことで、改善されるでしょう。髪のダメージが気になるという方は、普段のヘアケア方法を少し見直してみてくださいね。

湿気の多いこの時期も、まとまりあるきれいなヘアスタイルをキープしましょう♡

◎今回ご協力いただいたスタイリストさん

SEKI

Mira by green 店長/manager SEKI
日本美容学校卒業後《green表参道》に入社。表参道エリアでアシスタント、スタイリストとして技術を習得後、横浜エリア出店時に立ち上げメンバーとして参加。サロンワークを中心に老若男女幅広い世代から支持されている。表参道で培ってきた技術を横浜でも是非体感してください。

バナー_TTH2810_TPW2832_W691pxH230px

LINE@集客バナー
テスコム女性キレイ研究所を
フォローして最新情報をチェック!

"Related Keywords"

関連キーワード
  • LINE_バナー