HAIR

プロが教える、簡単にグッとステキに見える髪テク集などを公開。

2016.08.16

【ラフだけどオシャレ♡崩れない!】フェスにおすすめの髪型をプロの美容師に聞いてみた

暑い夏を思いっきり楽しむためにかかせないイベント
なかでも、フェスに行くことを楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。

せっかくフェスに行くなら、ファッションはもちろん、髪型もフェスっぽくアレンジしたいところです。
しかし、あまりにも凝っている髪型はなかなか自分ではできないうえに、思いっきり体を動かしたら崩れてしまいそう…。

そこで今回は首都圏に複数の店舗を展開する「UNIX」よりMARK IS みなとみらい店のスタイリストさんお二人に、アイテムを活用した簡単で崩れにくい、フェスにおすすめの3つの髪型をお聞きしました。

この夏流行のアイテムも取り入れているので、今年のフェスの髪型にお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

フェスヘアのベースは、巻き髪ではなくウェーブ

まずは、ヘアアレンジにかかせないベースづくり。
ボリュームを出すためにコテで巻き髪を作るという方も多いでしょう。

B_before

しかし今回はフェスということで、よりフェスっぽさを出すために巻き髪ではなくウェーブを作ります。
ストレートアイロンでも作ることができるウェーブですが、今回は結婚式にも使えるアップスタイルの記事でもご紹介した、テスコムのマイナスイオン3WAYヘアーアイロンを使用しました。

wedding15

これがあれば、髪をはさむだけで簡単にウェーブができてしまいます。3WAYなので、これ1本でストレート・カール・ウェーブの3つのスタイルが作れるという優れもの。
1本持っておくと、ヘアアレンジの幅が広がります。

こちらのアイロンをお持ちでない方は、ストレートアイロンでもウェーブが作れますので、トライしてみてください。

ねじりハーフアップ×花かんむりで、流行のフェスヘア♡

B_finish

ベース作りが終わったら、早速最初のヘアアレンジをご紹介。
昨年に引き続き大人気、フェスにもぴったりな花かんむりを使った、超簡単アレンジです。

B_1

まずは、上の画像のように左側のこめかみより前の髪を手にとります。

B_2

手にとった髪を2つに分け、ねじりましょう。

B_3

毛先までねじれたら、ねじった髪を適度に引き出しほぐします。

B_4

ほど良くほぐれたら、ヘアクリップなどで留めておきましょう。

B_5

右側の髪も同様にねじり、ほぐします。

B_wakeme

この時、左側と右側の髪を前もってジグザグに分けておくと、見た目が可愛いだけでなくトップのボリュームがアップするのだとか。

B_6

左右の髪をゴムで留めたら完成です。

B_7

仕上げに花かんむりをつけると…

B_8

華やかさが一気にアップ♡

今年(2016年)の3月にマイアミで行われた、Ultra music Miami2016の記事でも人気だった花かんむり
これをつけるだけで一気に流行を取り入れられ、さらにフェスっぽさをアップさせることもできる魔法のアイテムです。

おだんご×ミ二スカーフで簡単オシャレヘア♪

S_finish

次に紹介するのは、おだんご×ミニスカーフで簡単なのにフェスっぽさバツグンの髪型♡

S_1

まずはハーフアップのおだんごを作るため、上の髪を手にとります。

S_2

ほどよい高さで結んだら

S_3

適度に髪を引き出しボリュームを出しておきます。

S_4

次に、矢印の方向に、時計周りに髪をぐるんと巻きましょう

S_5

ぐるん…

S_6

上の画像のようになればOK。
毛先はピンで留め、固定してください。

S_7

固定したら、おだんごの髪を適度に引き出しほぐします。

S_8

ほど良くボリュームが出たら、ハープアップのおだんごが完成。

S_9

最後におだんごの周りにミニスカーフを結んであげると…

S_10

簡単なのにオシャレなフェスヘアの出来上がり♡

おだんご×ハーフアップは不器用な方でも作りやすく、万が一崩れてもすぐに直すことができます
好きな柄のミニスカーフを組み合わせて、自分だけのアレンジを楽しんでみてください。

編み込み×バンダナで、普段はできないフェスヘア☆

banfinish

最後に紹介するのは、身近だけど見落としがちなアイテム、バンダナを活用したヘアアレンジ。

ban1

全体の髪をジグザグに左右に分け、

ban2

分けた髪の片方を手にとり、編み込みをしていきます。

ban4

毛先の方は三つ編みをし、最後にゴムで結んでください。

ban6

反対側の髪の毛も同じように編み込み→三つ編みをすると上の画像のようになります。

ban7

ここまでできたら、編み目を適度に引き出し、ほぐします。

ban8

ルーズでこなれた編み込みヘアの完成です。

ban9

仕上げに折ったバンダナを首にかけ

ban10

頭の上で結べば…

ban11

ちょっとはじけたフェスヘアに♡

Ultra music Miami2016の記事でも、バンダナを頭に巻いている女性がいました。
普段のヘアアレンジではなかなか恥ずかしくてできないという方も、フェスならトライしやすいかもしれません。

バンダナの色・結び目の位置でかなり印象が変わるので、自分に似合う色や結び方を探してみましょう。

「簡単ヘアアレンジ×お気に入りアイテム」で、フェスならではのオシャレヘアを

髪型自体は簡単でも、アイテムの使い方次第でフェスらしさが一気にアップする今回ご紹介した3つの髪型。

買ってみたものの、なかなか活用できていない花かんむりミニスカーフバンダナが家にあるという方はこの機会にぜひ活用してみましょう。また、何も持っていないという方はせっかくなのでひとつ購入してみてはいかがでしょうか。

お気に入りのヘアアイテムを使ったお気に入りの髪型で、今年のフェスを思いっきり楽しんでくださいね。

◎今回ご協力いただいたスタイリストさん

b1

■清水亜莉紗(しみずありさ)
美容師歴10年目です。
女性目線での綺麗で可愛いオシャレなスタイルを作るのを得意としています。流行をとりいれ、季節にあったスタイルをおすすめしています!


b2

■本間沙紀(ほんまさき)
美容師歴8年目です。
自分がショートスタイルなこともあり、ショートスタイルやショートバングを作るのが得意です。結婚式やパーティーなどのヘアセットや私服にも似合う簡単なヘアアレンジも得意なので、今流行りのウェーブ巻きをとりいれてオススメしてます。

テスコム女性キレイ研究所を
フォローして最新情報をチェック!

"Related Keywords"

関連キーワード
  • ともに磨き、ともに輝く
  • Salon de TESCOM