HAIR

プロが教える、簡単にグッとステキに見える髪テク集などを公開。

2017.01.10

斜めもぱっつんも♡前髪のセルフカット方法を美容師に聞いてみた

1ヶ月で1cmほど伸びると言われている髪の毛。特に前髪は、少し伸びただけで目立ってしまいます。

美容院に行ったあとはお気に入りのスタイルだったのに、すぐに前髪が伸びて変になってしまう…

とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そんな時、前髪のセルフカットができるととても便利です。今回は、種類別パーマの形状&セット方法でもお世話になった、銀座にある人気美容室『R de Beaute』の店長、在原剛さんに前髪のセルフカット方法をお聞きしました。

自分で切ると角度がキマらない!トレンドの斜め前髪

今回お聞きしたのは、斜め前髪とぱっつん前髪のカット方法。まずは、斜め前髪からお聞きしました。
自分でカットすると角度がなかなかキマらず、失敗してしまうという方も多いのではないでしょうか。

DSC_7565

こちらはビフォー写真。前髪が伸びて目にかかってしまい、全体のスタイルが崩れてしまっています。早速カットしていきましょう。

1.前髪を分ける

DSC_7581

まずは前髪以外の髪を切ってしまわないよう、サイドの髪をヘアクリップやヘアピンで留めておきます。

DSC_7584

さらに、前髪の分け目〜分け目とは反対側の黒眼までの髪を残し、他の髪は留めておきます。

前髪の分け目が特に決まっていない方は、前髪全体を7:3または8:2くらいに分け、少ない割合の方の髪(7:3の場合は3の髪、8:2の場合は2の髪)を留めておいてください。

2.全体の長さを整える

DSC_7605

残った髪にクシを入れ、普通のハサミで長さを整えます。
この時のポイントは、ハサミを横に入れるのではなく、写真のように縦に入れること。

また、この後斜めにすることでさらに短くなるので、この時はあまり短く切らない方が良いでしょう。少し長めくらいにしておくと丁度良い仕上がりになります。

3.斜めにカットする角度を決める

DSC_7616

長さを整えた前髪を、流したい方向と逆方向に持ってきて、写真のようにクシを使って斜めにカットする角度を決めます。

DSC_7624

この時、上の写真のように急な角度にしてしまうと、短い部分がかなり短くなってしまうので、最初は緩やかな角度にしておきましょう。

DSC_7627

緩やかな角度で普通のハサミをに入れ、カットをするとこんな感じになります。

4.毛束をねじり、斜め前髪を梳く

斜めにカットしただけだと不自然なので、スキバサミを使って梳いていきます。

DSC_7638

写真のように少量の毛束を手に取り、流したい方向と逆方向にねじります

DSC_7643

ねじった髪に、写真のように中間あたりに1回

DSC_7647

下の方にもう1回スキバサミを入れます。

この時重要なのはハサミの角度。上の写真のように、下から上に、斜めに入れてください

DSC_7642

上の写真ように上から下に斜めに入れてしまうのはNGです!!!

DSC_7649

他の髪も、「少量ずつ手に取る」→「反対側にねじる」→「2回ずつスキバサミを入れる」を終えるとこんな感じに。綺麗な斜め前髪になりました。

4.最初に留めておいた、サイドの髪をカットする

DSC_7667

仕上げに最初に留めておいた、分け目よりサイド側の髪を下ろし、両サイドの髪の長さが同じになるようにカットします。

DSC_7684

ここまで出来ればOK。

DSC_7687

目に髪がかからない、ベストな長さの斜め前髪の完成です♡

上手く斜めにできず、失敗しがちな斜め前髪ですが、クシを使って緩やかな角度でカットをすれば丁度良い長さを見極めながら仕上げることができます。最初から急な角度でカットするのではなく、少しずつ切っていくことで良い仕上がりを見つけましょう。

簡単そうで、不自然になりがち?ぱっつん前髪

斜め前髪の次は、ぱっつん前髪のカットの仕方もお聞きしました。簡単そうですが、自分でカットするとなんだか不自然な仕上がりになってしまう方も多いのではないでしょうか。

ぱっつん前髪をつくる際、ナチュラルに仕上げるコツも一緒にご紹介します。

DSC_7578

ビフォー写真はこちら。目が全て隠れてしまっていることで、重い印象になってしまっています。

1.前髪を分ける

DSC_7694

斜め前髪の時と同様、まずはカットする髪だけを残し、サイドの髪を全てヘアクリップやヘアピンで留めておきます。この時、左右の黒眼から黒眼までの髪だけ残し、残りの髪はサイドにまとめてしまうのがおすすめ。

黒眼から黒眼までの髪だと、万が一切りすぎても伸びれば気になりませんが、それ以外の髪は1度切りすぎて失敗してしまうと不自然さがずっと残ってしまうので、気を付けましょう。

2.前髪を3等分にし、ブロックごとにカットする

DSC_7701

残した髪を写真のように3等分にし

DSC_7704

真ん中の髪のみをクシで取り、好みの長さにカットします。この時、ハサミはに入れてください。

DSC_7706

すると、こんな状態になります。

DSC_7716

今度は先ほど3等分にした、サイドの髪をカットします。
内側(真ん中側)の髪は、先に切った真ん中の髪と同じ長さに揃え、そこから外側に向かうにつれ、少しずつ長くなるようにカットしてください。

achi

両サイドの髪をカットするとこんな感じに。
赤い線のように、両サイドが緩やかに長くなっていればOKです。

3.全体の毛先5mmを梳く

DSC_7732

仕上げに、前髪全体の毛先5mmほどににスキバサミを入れ、梳きます。

DSC_7741

ここまで出来たら、ぱっつん前髪の完成♡

前髪全てを同じ長さにカットしてしまいがちですが、3等分にし、両端を少し長くした方がナチュラルな仕上がりになります。セルフカットでぱっつん前髪を作る際は、ぜひ参考にしてみてください。

前髪のセルフカットをマスターし、ベストなスタイルをキープしよう♡

前髪伸びてきたなぁ。でも今週はちょっと美容院に行けないな。

そんな時は今回ご紹介したセルフカットの方法を参考に、自分のヘアスタイルに合う方を試してみてください。どちらのカットをする場合でも覚えておいてほしいのは、スキバサミで梳くと髪の長さは変わらないものの、薄くなるので短く見えやすいということ。なので、最初は少し長めにカットするのが無難です。

1週間で2.5mm、1ヶ月で1cmずつ伸びると言われている髪の毛。とくに伸びると目立つ前髪は、頻繁に自分でメンテナンスをできるようにし、美容院になかなか行けない時でもベストなヘアスタイルを維持してください♡



◎今回ご協力いただいたスタイリストさん

DSC_8000

在原剛(ありはらつよし)
銀座4丁目に店舗を構える美容室『R de beaute』店長。理容、美容のライセンスを持ち、理容室、美容室での実務を7年経験。理容ならではのアイロンパーマスタイルから美容ならではのエアリーなパーマスタイルまでパーマに定評があるスタイリスト。ヘアカラーにおいては、3Dカラー、デザインカラーを得意とし外部セミナーにも講師として参加経験を持つ。

テスコム女性キレイ研究所を
フォローして最新情報をチェック!

"Related Keywords"

関連キーワード
  • ともに磨き、ともに輝く
  • Salon de TESCOM