HAIR

プロが教える、簡単にグッとステキに見える髪テク集などを公開。

2018.05.04

今年の春はダメージレスで立体感を出したカラーに!ウィービングの魅力に迫る

春になり、日差しもポカポカして明るい色のお洋服を着る機会も増えましたね♪ お洋服に合わせてヘアカラーも変えて気分を一新したいと思っている人も多いのではないでしょうか?

でも、頻繁に美容院に行く時間がない人や、お仕事先のルールでカラーリングが禁止の人もいると思います。そんな人にオススメなのが今話題の「ウィービング」。

ウィービングとは、髪の毛束を少量ずつ取り、細かいすじ状にカラーリングをおこなう技法です。色を目立たせたいところをブリーチした上で、同じようにカラーリングを行う「ハイライト」をウィービングと呼ぶこともあります。今回はこの「ウィービング」と「ハイライト」の特徴を、表参道のヘアサロン「Lomalia」の⽊島尚哉さんに伺いました。

ダメージレスで理想のカラーリングを実現!?「ウィービング」のメリット・デメリット

まずは、ウィービングのメリット・デメリットを分かりやすくまとめてみました。

メリット
・プリン頭になりづらく、カラー周期が長いので普段忙しい人にもピッタリ 
・染める場所を部分的に選べるので、お仕事のルールが厳しい人もカラーリングを楽しめる
・髪色が暗い人もブリーチをしなくても抜け感を出すことができ、ダメージレスで立体感のあるカラーリングを実現できる
・ブリーチをする場合は、より立体感のあるヘアスタイルになる

デメリット
・ブリーチをする場合は、通常のカラーリングと比べて工程が増えるため施術料金が高くなる
・ブリーチをする場合は、通常のブリーチよりも施術部分のダメージが大きくなる

次に、ウィービングの特徴とポイントを紹介します。

ポイント1・立体感と抜け感を演出できる♪

少量ずつ細かくカラーリングが施されることでヘアスタイルに立体感が生まれ、抜け感を演出できるのが特徴です。

ポイント2・自分の事情に合わせてカラーリングできる♪

部分的にカラーリングを行うので、自分の好みや事情に合わせて色を目立たせる場所を選ぶことができます。たとえば、髪の毛をおろしているときはカラーリングしている部分がしっかり見えて、結んだときにはその部分が隠れる、という入れ方もできるのです! これならお仕事の関係などで髪の毛全体を染められない人も、カラーリングを楽しむことができますね。

ポイント3・プリン頭になりづらい

細かく染めているため、時間がたっても髪の根元の色との差が目立たず、プリン頭になりづらいです。忙しくてなかなか美容院に行けない人も、安心してカラーリングできます。

ポイント4・ダメージレス

ブリーチ剤を使わずにカラーリングを行うため、通常のカラーリングと比べて頭皮や髪へのダメージが少ないのが大きなメリットです。ダメージが気になって頭全体のカラーリングができなかった人も、ヘアスタイルの幅が広がります。

より個性派カラーを目指すなら「ハイライト」♡

一方で、ブリーチをするパターンを「ハイライト」と呼びます。ハイライトは、ウィービングの特徴のポイント1〜3と同様の効果があります。大きな違いは、ブリーチをした上でカラーリングを行うことです。ウィービングよりも頭皮へのダメージが大きくなりますが、それゆえのメリットもあります。

明るい部分が引き立つことで髪の毛全体が軽く見える

色を目立たせたい部分のみをブリーチした後にカラーリングすると、周りとの明暗差がくっきり出ます。ベースが黒などのダークカラーで、さりげなく抜け感を出したい人にオススメです。

髪のベースカラーが明るくなる

髪の毛全体をブリーチした上でさらに色を強く入れたい部分をブリーチする方法は、髪のベースカラーも明るくしたい人にオススメです。また、ダークカラーのベースも、全体を一度ブリーチすることでカラーに透明感が生まれます。

理想のヘアカラーや立体感、お仕事先のルールなど、全頭カラーでは解決できないさまざまなオシャレが、ウィービングやハイライトなら叶うかもしれませんね♪

ウィービング・ハイライトカタログはこちら♪抜け感を演出して、ロングもショートももっとステキに

KIJIMA NAOYAさん(@kijima_lomalia)がシェアした投稿

髪の毛全体をブリーチした後に、色を入れる部分を再度ブリーチ。細いベージュのウィービングで、重たく見られがちな黒髪ロングも抜け感のある見た目になります。地毛の髪色が暗い人にオススメのヘアスタイルです!

KIJIMA NAOYAさん(@kijima_lomalia)がシェアした投稿

色を入れる部分のみブリーチした後に、ウィービングをしています。ほんの一束明るい色を入れるだけで、とってもオシャレに♪
髪の毛を結ぶと色の明るい部分が隠れるので、お仕事のルールが厳しい人でもこれなら大丈夫!

KIJIMA NAOYAさん(@kijima_lomalia)がシェアした投稿

全体をブリーチした後、色を入れる部分をさらにブリーチ。グラデーション状にウィービングをしています。外はねボブに鮮やかなボルドーカラーが映えてなんともステキ♡
頭のてっぺんから毛先までだんだんと色を明るくすることで、単色染めよりも自然な仕上がりになります。

KIJIMA NAOYAさん(@kijima_lomalia)がシェアした投稿

全体をブリーチした後、色を入れる部分をさらにブリーチ。明るいベージュゴールドのカラーでウィービングを施し、理想のゆるふわボブがもっとステキに♪

すでに髪を染めている方も気分転換にウィービングやハイライトを試してみてはいかがでしょうか?

自分の生活に合ったカラーリングで楽しくオシャレに♪

今回ご紹介した「ウィービング」は、お仕事の事情やヘアダメージが心配でカラーリングをためらっていた人でもチャレンジしやすいのが魅力です!

ウィービングをするときは、自分の髪形や事情を美容師さんに相談して、方法や染める場所を選ぶことが一番大切。理想のヘアスタイルを実現して毎日のオシャレをもっと楽しみましょう♡

やっぱり、髪全体をカラーリングしたい!という人は、プロに聞く、髪質別の「なりやすい髪色」・「なりにくい髪色」もチェックしてみて。

◎今回ご協力いただいたスタイリストさん

S__4186118_0

木島尚哉(キジマナオヤ)
表参道のヘアサロン「Lomalia」のディレクター。「乾かすだけでキマるHAIR」で高い支持を受け、サロンワークだけでなく、ヘアメイク、全国各地のセミナー講師など、幅広い分野で活躍中。
Instagram:@kijima_lomalia

バナー01_CPN_W691pxH230px_ol

LINE@集客バナー
テスコム女性キレイ研究所を
フォローして最新情報をチェック!

"Related Keywords"

関連キーワード
  • LINE_バナー
  • CPN_全額返金