ITEMS

美容家電・コスメなど、実は知らない使い方などアレコレご紹介。

2016.12.16

【動画つき】マフラー・ストールの巻き方、何パターン知ってる?オトナ女子必見の使い分け講座

寒いこの時期、防寒対策に欠かせないマフラーストール。せっかく巻くなら、お洒落アイテムとして活用したいところです。

しかし、毎日身につけるアイテムだからこそ、ついついワンパターンな巻き方になってしまっていませんか?

そこで今回は、コーディネートやシーン別に使い分けられる、マフラー・ストールの巻き方7パターンを、元都内のセレクトショップ店長のKさん(仮名)にお伺いしました。
分かりやすい動画付きなので必見です!

1. 誰でも簡単、すぐできる♡「アフガン巻き風」

DSC_6722

初めに紹介するのは、普通のマフラーの巻き方(エディター巻きと言います)に一手間加えるだけでできる、アフガン風巻き

①長めのマフラー(ストール)を1枚用意し、普通のマフラーの巻き方(エディター巻き)をします。
②動画、正面から見て左のマフラー(ストール)の裾を持ち、右のマフラー(ストール)の方に持っていきます。そのまま、最初に1度巻いている部分にマフラー(ストール)を入れ込めばOK。

Kさん曰く、綺麗めではなくカジュアルな服装に似合うというこちらの巻き方。
ちょっとシンプルなニットでもこのアフガン巻き風をするだけでアクセントになります。さらにネックレスがなくても首元にボリュームが出るので、簡単なのにお洒落さんな印象に♡

「今日の服装ちょっとシンプルすぎかな…」という時などに、ぜひ試してみてください。

2.メンズライクなコーデにも合う!「ねじり巻き」

IMG_8678

次に紹介するのは、トレンドのメンズライクなコーデに合わせられるねじり巻き

①普通のマフラー(ストール)の巻き方(エディター巻き)をゆるめにします。
②首元の部分に左右のマフラー(ストール)の裾を入れれば完成。

クールに決めたい時におすすめだというねじり巻き。ちょっと大人っぽい落ち着いた色を選べば、メンズライクなコーデとの相性も◎です。

トレンドのマスキュリンアイテムとしても使えそうです♡

3.フェミニンにもカジュアルにも♡合わせるアイテムで印象を変えられる、「ニューヨーク巻き」

DSC_6750

普通の巻き方(エディター巻き)に1つ結びを加えるだけでできる、ニューヨーク巻き

①普通のマフラー(ストール)の巻き方(エディター巻き)をゆるめにします。
②左右の裾を交差し、一つ結びをします。
③片方の裾を首元で広げれば完成。

顔周りを覆うようにマフラー(ストール)がくるので、フェミニンなイメージを演出できるというニューヨーク巻き。とはいえカジュアルさも残しているので、狙いすぎないところが大人女子にちょうど良いそうです。

スカートを合わせれば女性らしく、パンツを合わせればカジュアルコーデに。合わせるアイテム次第で自在に印象を操ることができる便利な巻き方です♡

4.お気に入りの柄物マフラーをするなら!「ポット巻き」

DSC_6769

お気に入りの柄物マフラーをするとき、Kさんがおすすめするのはポット巻き

①普通の巻き方(エディター巻き)をゆるめにしたら、首の前に巻いているマフラー(ストール)をひねります。
②ひねった中に、左右の裾を入れれば完成。

マフラー(ストール)の色々な角度がでるこの巻き方は、柄物のマフラー(ストール)におすすめ。見せたい部分をちょっと出したり、結ぶ位置を調節したりしてお洒落を楽しみましょう。

お洒落な友達と会う時などに、周りと差をつけられるかもしれません♡

5.スタイルが良く見える♡「シンプルノット」

DSC_6775

長めの丈でスタイルが良く見えるシンプルノット

①片方の裾をゆるめの1つ結びにし、首にかけます。
②もう片方の裾を先ほど1つ結びをした穴の中に入れ、長さを調節すれば完成です。

丈を長めに残すこちらの巻き方は、Iラインが出て細く見えるのだそう。パンツスタイルを合わせれば、さらにスタイルが良く見えます。

体型が気になる方、細く、スタイル良く見せたい方はぜひ取り入れたいテクニックです♡

6.デートスタイルにおすすめ♡「かぎ巻き」

DSC_6757

リボン結びのような巻き方が特徴的な、かぎ巻き

①最初に普通の巻き方(エディター巻き)をしたら、動画正面から見て右側のストールを上に、左側のストールを下に交差します。
②左側から交差して持ってきたストールの裾を、最初に巻いたエディター巻きの中に上から入れ込み、下から引っ張ります。

今回は、最後に出したストールの裾を全て前に広げていますが、裾を広げずにあえて2本見せたままのアレンジにすると、リボンのようなイメージになるのだとか。

リボンのようなイメージに仕上げるとフェミニンな雰囲気になるので、デートスタイルにおすすめです♡

7.トレンドのワイドパンツやフレアスカートと相性◎「シェル巻き」

DSC_6706

最後に紹介するのは、シェル巻き

①片方の丈を短めに残し、残りをぐるぐると巻いていきます。
②最後に、最初に残しておいた部分の裾を広げてあげれば完成♡

顔周りにボリュームが出るため、小顔効果が期待できるというシェル巻き
さらに、丈をあまり残さずに巻くことで上半身がすっきりして見えるので、トレンドのワイドパンツやフレアスカートなど、裾が広がったボトムスとの相性も良いそうです。

小顔に見せたい方、上半身はシンプルに抑え、ボトムスにボリュームを出したい方におすすめです♡

数種類のマフラーでも、複数パターンの巻き方でお洒落を楽しもう!

今回紹介しただけでも、様々な系統との相性がある、マフラー(ストール)の巻き方。

Kさんがおすすめしてくれた7パターンの巻き方を参考に、その日の予定コーデに合わせて、巻き方を使い分けてみてください。手持ちのマフラー(ストール)が数種類でも、巻き方を複数種類マスターすれば、いつも新鮮でお洒落な印象を与えることができるでしょう♡

テスコム女性キレイ研究所を
フォローして最新情報をチェック!

"Related Keywords"

関連キーワード
  • ともに磨き、ともに輝く
  • Salon de TESCOM