ITEMS

美容家電・コスメなど、実は知らない使い方などアレコレご紹介。

2017.01.27

【2017年のトレンド!?】新しいお色気メイク、メェロメイクのやり方を考案者に聞いてみた

少し前まで、「お洒落でフェロモン満載」と話題だったオフェロメイク
実際にやってみたという方も多いのではないでしょうか。

ところで、オフェロメイクに似た響きのメェロメイクはご存知ですか?
メェロメイクとは完熟した果実のように艶やかで、ナチュラルなスタイルなのに色気があり、男性をメロメロにするモテメイクです。

※メェロメイクのメェロにはmellow(【柔らかい、成熟】×フェロモン×メロメロ)という意味も含まれています。

ナチュラルで色気のあるメイクがトレンドの今、ぜひマスターしておきたいメェロメイク。今回はメェロメイクの考案者であるALBUM HARAJUKU(アルバム ハラジュク)店の人気スタイリスト、桑原大貴さんに、この春おすすめのメェロメイクのやり方をお聞きしました。

アイシャドウはアディクションがおすすめ♡2017春用メェロメイクのメイク道具は?

まずは、今回ご紹介する2017年春用メェロメイクに必要なメイク道具を見ていきましょう。

maketool

メイクで使用する順番に番号を振ってあります。

1…化粧水(ピュアコールマイルド/アザレ)
2…リキッドファンデーション(スキンケアファンデーション/アディクション)
3…フェイスパウダー(エンリッチングパウダー773/チャコット フォー プロフェッショナルズ)
4…アイブロウ(デザイニングアイブロウN/ケイト)
5…アイシャドウ(アディクション ザ アイシャドウ、シャングリラ・タイニーシェル/アディクション)
6…アイシャドウ(アディクション ザ アイシャドウ、マリアージュ/アディクション) 
7…マスカラ(ボリューム エクスプレス ラッシュセンセーショナル/メイベリン ニューヨーク)
8…リップグロス(リップティントシロップ02&03/キャンメイク)

ポイントは、春らしいピンク系のアイシャドウ。桑原さん曰く、「アイシャドウはアディクションの発色がすごく良い」そうなので、「春メイク用に新しいアイシャドウを買おうかな…」という方はぜひ試してみてください。

ナチュラルさがポイント!メェロメイクのベースメイク

早速メイクをしていきます。

DSC_8262

まずはベースメイクということで、肌の乾燥を防いで化粧のノリを良くするため、コットンを使って顔全体に化粧水を馴染ませていきます。
化粧水を馴染ませたら、乳液も塗りましょう。乳液はお好きなものでOKです。

今回は、キュレルの美白乳液を使用しました。

DSC_8272

しっかりと保湿をしたら、化粧下地を塗り、リキッドファンデーションを顔全体に塗っていきます。

リキッドファンデーションは最初の画像にもあるアディクションスキンケアファンデーションを、化粧下地にはポール&ジョーモイスチャアライジングファンデーションプライマー01を使用しました。

DSC_8299

次に、フェイスパウダーを顔全体に馴染ませます。

メェロメイクのベース作りのポイントは、厚塗りはしないで、素肌っぽい質感を出すこと
そのためフェイスパウダーは、塗った肌を手で触るとくっついてこない、サラサラな仕上がりになるものが良いそうです。

DSC_8301

ベースメイクが終わるとこんな感じに。
素肌っぽい、ナチュラルな肌の完成です。

眉毛はパウダーアイブロウのみ!自眉毛を活かそう♡

ベースができたら、眉毛を描きます。
ここでもポイントはナチュラルに仕上げること。そのため、仕上がりが強めになってしまいがちなペンシルやマスカラは使わず、パウダーのみを使います。

パウダーの色は、髪の色よりもワントーン明るい色を使いましょう。

brow

今回は、ケイトのデザイニングアイブロウNの、一番濃い色と中間の色を混ぜて使いました。

DSC_8309

アイブロウを筆につけたら、黒目の上の部分に濃く入れ、それを眉尻、眉頭の順にぼかして広げていきます。
眉頭は、影が出来やすく濃く見えやすいため、最後に薄めに広げる程度でOK。

また、全体的に描くというよりは埋める感覚で、自眉毛よりも主張が強くならないように気をつけます。

DSC_8319

両眉毛にアイブロウをすると上の写真のような仕上がりになります。

ナチュラルに目を大きく見せる♡メェロメイクのアイメイク

眉毛ができたら、アイメイクに入ります。

ブラウン系のペンシルでまつ毛の隙間を埋める!アイライン

まずは、アイラインをひきましょう。今回は、モテライナーブラウンブラックを使用しました。「アイライナーは絶対コレ」というものはありませんが、メェロメイクではふんわりとした仕上がりにするため、基本的に真っ黒のアイライナーはNGです。ダークブラウンやブラウンなど、ブラウン系のペンシルタイプのものを使いましょう。

DSC_8320

また、ラインを描くというよりはまつ毛の間を埋めるイメージで、ナチュラルに仕上げましょう。

奥二重の人は、アイラインを太めにひいてしまうと、二重幅がアイラインで全て隠れてしまい、一重のような印象に…。あえてナチュラルな色で細いラインをひくことで、二重幅の狭い人でも、ぱっちりとした目に見えるのです。
また、二重幅の広い人はアイラインを太めに、濃く描いても目が小さく見えませんが、逆に目の主張が強すぎてナチュラルメイクには見えなくなってしまいます。

DSC_8337

目尻を少しはっきり描いても良いですが、あまり跳ね上げすぎず、あくまでナチュラルな仕上がりを心がけてください。

濃淡のある2色を使うのがポイント♡メェロメイクのアイシャドウ

アイラインがひけたら、次はアイシャドウです。

shadow

まずは、アディクションのシャングリラ(上の写真の、右側の赤丸)を筆にとり、

DSC_8344

黒目の上あたりに筆を入れたら

DSC_8345

目尻に向かってラインをひいていきます。

DSC_8347

この時、目尻はしっかりと跳ね上げてOK。さらに目頭の方にもラインをひき

DSC_8351

上の写真のような仕上がりにします。

DSC_8368

両目にアイライン、アイシャドウをひくとこんな感じに。赤のラインが入ることで春っぽくなってきました。

DSC_8371

さらにアイホールに、アディクションのタイニーシェルのアイシャドウを塗っていきます。(先ほどの写真の左側の赤丸です。)

DSC_8377

両目のアイホールにシャドウを塗ると上の写真のように。アイホールに薄めのアイシャドウ塗ることで、濃いめのカラーのラインが強調され、グラデーションとは違ったまぶたに仕上がります。

重ね塗りはNG!ナチュラルに仕上げるマスカラ

ここまでできたら、マスカラを塗ります。

DSC_8384

マスカラの塗り方はとくにありませんが、ダマにならないように綺麗に塗ってください。重ね塗りをしてしまうとダマになりやすいので、あまり塗りすぎないことが大切です。

また、下まつ毛に塗るかどうかはお好みで。よりナチュラルに仕上げたい方は上まつ毛だけでも問題ありません。今回は、上まつ毛のみにマスカラを塗りました。

目元の印象が一気に明るくなる!アイメイクの仕上げは涙袋♡

namida

アイメイクの仕上げに、涙袋にアディクションのマリアージュ(上の写真の、赤丸)をさっと一筆つけ、

DSC_8399

目元に艶を出します。

アディクションのマリアージュはラメが大きいので、さっとつけるだけで涙袋を強調してくれるおすすめアイテム。目の下は影ができやすく、クマも目立ちやすいですが、涙袋に光に反射するラメを入れることで明るい印象になります。

頬骨の下・黒目より内側には入れない!顔の形に合わせたメェロメイクのチーク

次は、チークです。

メェロメイクのチークは、基本的には、頬骨よりも下側、黒目より内側に入れません
つまり、頬骨よりもやや上の、黒目より外側の部分に入れます。

DSC_8420

丸顔の人は縦に、面長の人は横に、ベース型の顔の人は中央に入れると小顔効果が出ます。

今回のモデルさんはどちらかというと丸顔寄りに分類されるため、画像の矢印の方向に、にチークを入れました。

DSC_8427

あまり濃くは入れないので見えづらいですが、上の写真のような感じになります。

ピンク&赤のリップで濃淡をつけよう♡メェロメイクに必須!フェロモンムンムンリップ

最後に、仕上げのリップを塗ります。

DSC_8437

まずは、キャンメイク、リッピティントシロップの03番(ピンク)のリップを唇の真ん中以外に、全体的に塗ります。

DSC_8450

次に、上下の唇の内側・真ん中の部分のみにキャンメイク、リップティントシロップの02番(赤)を塗り、グラデーションを作ります。

DSC_8452

すると、上の写真のような仕上がりに。内側は濃い色味を、周りは薄い色味を入れることで濃淡がつき、色に深みが出ます。
メェロメイクでは濃淡をつけることで、艶っぽい唇に仕上げることがポイントです。

2017年は、セクシーで柔らかいメェロメイクで、お洒落も恋も楽しもう♡

kansei5

これで、2017春用メェロメイクの完成♡
女性らしい柔らかさと色っぽさがミックスした、男性ウケ間違いなしのメイクです。

ちなみに今回の髪型は、全体の髪を複数の束に分けた後上下にブロッキングし、下の髪と上の髪をそれぞれワンカールずつ緩めに内巻きにした簡単スタイル。巻いたらすぐにほぐすことがポイントです。

上下の髪を分けて巻くことで自然と段のあるクセが生まれ、スタイリング剤でウェット感をプラスすれば艶っぽい雰囲気に♡メェロメイクをする際は髪型にもこだわりましょう。

この2017年は、メェロメイクと柔らかいヘアスタイルで、お洒落を楽しみながら素敵な恋をしてみてください♡


◎今回ご協力いただいたスタイリストさん

スクリーンショット 2016-11-21 20.30.35

桑原大貴(くわばらたいき)
素材を活かした透け感たっぷりの柔らかいスタイルが得意でInstagram(@taiki0726)で様々なスタイルを発信中。
ヘアだけではなくメイクも得意で、熟して色気ムンムンなモテメイク、「メェロメイク」を提案し、様々なメディアに取り上げられています。

テスコム女性キレイ研究所を
フォローして最新情報をチェック!

"Related Keywords"

関連キーワード
  • ともに磨き、ともに輝く
  • Salon de TESCOM