ITEMS

美容家電・コスメなど、実は知らない使い方などアレコレご紹介。

2018.04.06

OL必見♡オフィスで浮かない「カラーメイク」の方法をプロに聞いてみた

春になると取り入れたくなるカラーメイク。カラフルな色を使うと、秋冬のこっくりとしたメイクから一転し、明るくて華やかな暖かい季節をメイクから感じられるようになります。

しかし、カラーメイクアイテムは派手になりすぎてしまったり、子供っぽくなってしまったりと、大人女子が普段のメイクで活用するのは簡単ではありません。普段使いしにくいアイテムは使用回数が少なくなるので、可愛いと思っても購入を躊躇している人も多いのではないでしょうか?

そこで今回も、パターン別眉毛の作り方ベースメイクの極意個性派リップの使い方の記事でご協力頂いたヘアメイクアーティストの江森喜子さんに、オフィスでも浮かずに抜け感を出せるカラーメイクを教えていただきました。

黄色を主役に!一気に春めくフレッシュイエローメイクでオシャレ顔を作る

使用アイテム

DSC_4461

こちらが一つ目のカラーメイクに使用したアイテム。黄色のアイシャドウを主役にするカラーメイクには、他のアイテムも黄味のある色を使用して統一感を出します。

チークはベージュ系のコーラルピンク、リップはオレンジとイエローを使い、ワントーンメイクにすることでナチュラルにカラーメイクを取り入れることが可能♪

メイク手順

ベースメイクはきちんと感を出しつつ自然なツヤを持たせるように仕上げます。眉は眉パウダーでふんわりと書き、エレガントになり過ぎないように。

イエローアイシャドウは立体感を出しにくいので、眉頭の下の窪みから薄くノーズシャドウを入れて目元に影を作っておくといいでしょう。

DSC_4409

まず、黄色のアイシャドウをアイホール全体に指やブラシでふんわりとのせていきます。

DSC_4415

目頭の「く」の字の部分にも控えめにふんわりと同じ色をのせましょう。目頭にも同じ色を入れることで統一感を出しつつ明るい目元になります。

DSC_4423

次に、上まぶたのキワに濃いブラウンの締め色を細く重ねていきます。下まぶたも目尻から1/3くらいまでのキワに細く同じブラウンを塗り、目力を演出します。

あとは黒いジェルアイライナーでまつげの根元を埋めるようにアイラインを引き、マスカラをすればアイメイクは完成です。

DSC_4431

チークには肌馴染みのいいコーラル系を選び、自然に血色感を足すと目元のイエローとも馴染みます。

リップはオレンジやコーラルのナチュラルな色で。さらに上からイエローのオイルリップを塗ることでツヤ感と、黄色のニュアンスが足されて顔全体がしっかりとまとまります。

DSC_4451

仕上がったメイクは明るく春らしいのに、オフィスでも浮かないのが嬉しい♡

ワントーンでまとまったメイクは大人っぽくおしゃれです。これまで黄色のアイテムに躊躇していた人も、これなら取り入れることができそうですね。

少しのモード感でイイ女に魅せる!水色アイライナーでモテOLに?

使用アイテム

DSC_4499

二つ目のメイクにはなんと、水色のアイライナーを使用します。この個性的なアイテムを自然に取り入れるために、アイシャドウはツヤのあるブロンズカラーで自然に目元のツヤ感と立体感を演出していきます。

メイク手順

ベースメイクは薄くツヤ感を出し、素肌っぽく仕上げます。眉は毛を立ち上げるように、パウダーを使ってナチュラルに書きましょう。

DSC_4472

アイシャドウはツヤのあるブロンズカラーを使い、ホリが深い目元を作ります。

指でアイシャドウをアイホール全体に伸ばしたら二重幅に重ね、一色でシンプルに立体感を出します。ブラシなどで下まつげのキワにも細く伸ばして目元を印象深く仕上げましょう。

DSC_4474

目元の立体感を作ったら、水色のアイライナーを下の粘膜の部分に細く引いていきます。下の粘膜部分に水色を入れることで目がうるっとして見え、女性らしい抜け感を出すことができるのです。

DSC_4483

上のアイラインはブラックのジェルペンシルを使います。まつげの根元を埋めるようにアイラインをひいて引き締め、黒いボリュームマスカラを塗ります。

DSC_4492

チークはブラウン系を斜めに入れ、血色感と顔の立体感を引き出すようにします。リップはシアーなものを使ってヌード感を出し、ナチュラルにツヤを出す程度にしましょう。

完成したメイクは、モード感がありつつ、水色のアイライナーの効果で女性らしい優しさも演出できるようになっています。顔の立体感やホリの深さも作っているので小顔効果もあるのが大人女子には嬉しいポイント!

DSC_4490

モード系メイクが好きだけどキツく見えそう……。とオフィスでは控えている人は、ぜひ水色のアイライナーを下まぶたに取り入れてみてください♡

カラーメイクも工夫次第でおしゃれなオフィスメイクに

カラーメイクが上手くまとまらないのはトーンが揃わず、そこだけ浮いてしまう場合が多いことが原因の一つ。顔全体のアイテムを同系色が含まれた色に意識してまとめると、ナチュラルに馴染むようになります。

また、下まぶたのキワに色を使うことは水色のライナーだけに限らず、他の色やアイテムでも応用できそうです。ポイント以外の部分はヌーディにまとめるとオフィスメイクでも使えますよ♪

気になるカラーメイクアイテムがあれば、このようなテクニックで取り入れて楽しんでみてください♡

◎今回ご協力いただいたヘアメイクさん

emorisanpro

江森喜子(えもりきこ)
東京都新宿区在住。6年ほどのヘアメイクサロン勤務を経て現在フリーランスで活躍。現在の活躍フィールドはブライダル、映像、Webカタログなど。

LINE@集客バナー
テスコム女性キレイ研究所を
フォローして最新情報をチェック!

"Related Keywords"

関連キーワード
  • LINE_バナー
  • CPN_全額返金