KIREI LAB

テスコム社員による活動報告。
商品の開発秘話や使い方のコツなど、ここでしか聞けない話を公開。

2016.12.21

【社内セミナー報告】女性のキャリアについて考える

こんにちは、テス子です。
テスコムグループには、20代から50代までの約47名の女性社員が働いています。
アベノミクスの成長戦略の1つに掲げられている「女性の活躍推進」。女性の「キレイをつくる」を掲げるテスコムも女性が活躍する企業づくりに力を入れています。その活動の1つとして、他業界で活躍している女性を講師に招いて自身のキャリアについて考えるセミナーが先日行われました。

副支店長は、2児の母

Web

講師は、みずほ銀行 恵比寿支店 副支店長 渡辺真弓さんです。渡辺さんは、男社会のイメージが強い銀行業界で、現在副支店長という立場で現在仕事をされておられます。
プライベートでは、2児の母で仕事とプライベートの両方を充実させている素敵な女性です。

渡辺さんのキャリアは?

セミナーでは、渡辺さんの銀行入行時の営業時代の話やダイバーシティ推進室での仕事内容、育児と仕事の両立で不安に思ったことなど、ご自身の経歴について苦労話や成功体験とともに赤裸々に語っていただきました。
Web

渡辺さんが入行した時は、当時、同期入社の総合職の女性比率は10%前後(20人程度)と、まさに男社会。
2004年頃から女性の活躍を戦略の1つとして掲げるようになり、いまでは新卒採用のうち30%程度までアップしているようです。男社会と思われていた銀行も女性の活躍が目立つようになってきました。一人目の産休後は、配属先が3ヶ月決定せず自分の居場所に悩んだこと、その後経営企画グループへ配属となり社内広報業務を行う部署へ異動が決まり、仕事が出来る喜びを改めて感じたそうです。ただ、家庭もあるので時間の制約とどう折り合いをつけるか悩んだこと、仕事は面白いが現場から離れてしまったことに不安に感じたことなど、各キャリアで生まれた悩みや不安、それをどう乗り越えてきたか詳しくお話いただき、テスコムの女性社員は真剣に話を聞いていました。
渡辺さん講演後は、女性社員のみで「管理職のイメージ」や「どういったことがあれば管理職になりたいか」といった点について、ディスカッションを行いました。男性には言えない辛辣な意見も飛び交い、和気あいあいとした雰囲気のなかセミナーは終了しました。

自分のキャリアについて考えよう

キャリアについてしっかり考えている人、漠然と考えている人、キャリア無関係と思っている人、色んな人がいる中で、今回のセミナーは女性の働き方、今後の自分の働き方を考えるよいきっかけになったのではないでしょうか。

テスコム女性キレイ研究所を
フォローして最新情報をチェック!

"Related Keywords"

関連キーワード
  • ともに磨き、ともに輝く
  • Salon de TESCOM